競馬予想会社の仕組みって?悪徳手口も一挙公開!

競馬予想会社 仕組み

競馬予想会社の仕組みって知ってますか?そういえば考えたことなかったなあと思っている人は知っておくと為になります。たくさんの競馬予想サイトがあるなかで多くの割合を占めているのが悪徳競馬予想会社。その仕組みは手口は詐欺行為に値するようなものばかりです。そもそもの競馬予想会社の仕組みをしって悪質な手口にあわないように防ぐことが重要です。

物が違うだけでネットショップと同じ仕組み

そもそもインターネット場にサイトを開設し、運営しています。無料情報や特典をエサにして登録をさせて会員を募っています。無料で見られる情報と有料の情報があり、会員が有料情報に支払ったお金を資金源としています。手にとることのできないデジタルコンテンツを販売しているだけでそれがモノであれば仕組みはネットショップ同じです。

支払の仕方として銀行振り込みやクレジットカードで決済できる環境を整えています。なかにはウェブマネーなどの決済方法を導入している場合もあります。ここまでの仕組みは普段利用しているネットショップと同じことは明白です。

まれに全て無料で広告収入で運営しています。みたいな競馬予想会社がありますが、実際は無料で会員なった人のアドレスを集めて他の会社に売っているのです。もちとん全く違う会社に売り渡される場合もありますが、他の競馬予想会社といっても元をたどれば同じグループ会社だったり、社名を変えて運営している場合があります。

この人は有料情報を購入したから、他の会社でも購入するかもしれないという予想がつくのでいい顧客として競馬予想会社が認識しているのです。フタを開ければかなり仕組みってコワイですよね。もちろん優良な会社も存在しますのでそいうところの会員になりたいものです。

競馬予想会社の入会金

現在の仕組みとして、入会金を請求してくる競馬予想サイトは少なくなりました。入会金があると会員が集まらなくなったのでしょうか。基本的に会員登録は無料という場合がほ殆どです。ただ会員登録は無料と提示しているのではなく会員になった特典として無料で情報を提供したり有料情報を購入する際の割引などを付与する仕組みになっています。

うまく活用できばお得に感じますが悪徳競馬予想会社は会員登録が無料であることと、特典をエサにして会員を募っている場合があるので注意が必要です。

悪質な手口や仕組み一覧

競馬予想会社 手口
まともな競馬予想会社があるなかで悪質なものが多いこと事実です。この仕組みを知っておけば騙されることもないので頭に入れておきましょう。基本的に詐欺行為を行っている競馬予想会社は会員に情報を買わせることしか考えていません。あくまで会員からお金を集めることを目的としています。

競馬ファンにとっては非常に悲しい現実ですが、これらの手口や仕組みがあるのは事実です。実際に管理人も仕組みを知るまでは詐欺行為にあった経験あります。管理人のように詐欺行為位に合う人が少しでも減ってほしいので悪質な仕組みを紹介します。

的中実績の捏造

最も多い手口なのがこの手法です。仕組みとしては売りたい情報を販売する前の週に的中したという捏造をします。会員の人が前の週に的中しているから大丈夫だろうと思い込ませ、購入へと誘導していきます。しかし実際に購入してみるとかすりもしないような情報が提供され不的中になるケーズが大半です。

情報が提供されない

お金を払ったのに情報が提供されないケースです。問い合わせをすると提供したと一点張りされたり、システムトラブルがあったなどなにかと言い訳をし会員がただお金を払っただけという状況になります。信じられないのがこのようなことがあったにも関わらず高額な情報を案内してくるのです。これは意図的に行っているので詐欺も同然です。

担当者と連絡がつかなくなる

会員になると、担当と名乗る人物から連絡がきます。基本的にその人とやりとりをすることになるのですが、情報を購入しそのレースが外れた場合に文句のひとつでも言ってやろうと電話やメールをすると担当不在で事務局などから返答があります。購入を斡旋するときにだけ連絡してきて、その情報が不的中になったら連絡がつながらなくなるのです。あえてこのような仕組みととっているので悪質極まりないです。

すぐにサイトが閉鎖する

こういうサイトはいくつもあります。このような競馬予想会社はサイトをいくつも量産してお金をかき集めるだけかき集めてトンずらするパターンが多いです。特定商取引法に基づく表記の内容が不十分だったり、サイトのつくりがしょぼかったりするパターン、おいしいことばかり言っているサイトがこの傾向にあります。返金を求めようにもサイトが閉鎖してしまったら元も子ありません。

八百長レースや出来レース(絶対に当たると言われる)

八百長や出来レースがあるからこのレースは絶対当たると案内してきて購入を促してきます。そもそも競馬に八百長や出来レースは存在しませんし、馬という生き物が走るのですから100%はありません。こういう言葉を並べているところこそ上記でも説明したような手口や仕組みを利用して会員からお金を集めているのです。この文字をみかけたら関わることは避けるべきです。

後払い

的中したら情報料金を支払ってくださいという仕組みです。リスクなしでおいしい話はありません。実際に情報はなんらかのトラブルを装い提供されません。しかし競馬予想サイト側は的中した情報を提供したのだからと高額な情報料金を請求してきます。後払いという文字には要注意です。

無料情報をエサに個人情報を取得

完全無料をエサに会員登録を募ります。予想が提供される場合もありますが、実際には提供されずに頻繁に広告やメールが飛ばされてきます。そのメールには競馬予想会社の広告が掲載されており、会員登録を促す仕組みです。よく考えればわかることなのですが、完全無料でボランティアのような運営をしているなんてことはありません。なにかしら会員からお金を集めるような仕組みが作られているのです。

借金させてでも情報を買わせようとする

これは何度が情報を購入していて、高額のプランをしつこく案内してくるのですが、会員に借金してでも情報を購入させようとするのです。的中したらプラスにもなるし、借金も返済できるからと謳いますが、実際に情報を購入しても的中することはほとんどありません。競馬予想会社からすれば情報にお金を払ってさえくれば仕組みとして運営できるのですから。

上位プランで高額な情報なら当たると宣伝

一度情報を購入し、不的中になると今度は大丈夫だからと高額なプランをすすめてきます。何が大丈夫なのかわかりませんが、よく考えてみると下位プランでかすりもしないような情報を提供しているのに信じられるはずがありません。しかし会員の心理としては負けを取り返したいからと話に乗る人が後を絶ちません。

勝手に登録されている

会員登録した覚えのない競馬予想会社からメールが突然飛んできます。これは一度登録したサイトから流出しているのです。もしくは金銭で売買されていることがあるようです。悪徳競馬予想会社はこのリストを外部に平気で流しているためにこのようなことが起きます。身に覚えないのないメール配信は受け取らないように対処することが先決です。

自作自演の口コミ

競馬予想会社がいかにも自分たちが優良であることを認識ずけるために、自作自演の口コミと投稿している場合があります。ほんとうに優良な場合であればいい口コミが集まるのは当然ですが、そうではないケースがあることを頭にいれておかなければなりません。口コミを信じて会員になったのにいつまでたっても成果が表れない、イメージしていた結果と全然違う場合は参考にした口コミは自作自演の可能性が高いでしょう。

競馬関係者、元競馬関係者

競馬関係者から入手している情報だからといって安心はできません。そもそもそれが虚偽の場合はありますし、実際はずぶの素人並みの予想が提供されていたと事例も多く耳にします。競馬予想会社側からすれば、安心させたいだけなので実在する人物かどうかは確認したほうがいいでしょうね。

過大広告について

競馬予想会社の過大広告はなぜなくならないのか。それは理由があります。それは社団法人日本広告審査機構 (JARO) では競馬予想会社についてのクレームについて取り扱っていないからです。そのため、100%的中や何連続的中、的中率何%など、実際には事実の確認のしようのないような過大表現が含まれる広告が多く、無法地帯になっているのです。

 

優良な競馬予想会社について

競馬予想会社
ここまで競馬予想会社の仕組みついて説明してきましたが、実際に優良な競馬予想会社があることも事実です。このように悪質な仕組みうあ手口を使っている競馬予想会社が数多く存在するためにほんとうに優良な競馬予想会社の営業が妨害されていることも事実です。

自分が競馬予想会社を利用するときはこのような手口や仕組みがあることを知っておけば被害を防ぐことができます。被害を減らすためにもこのページを読んでくれた人が参考にしてもらえることを願っています。