万馬券の当て方は?馬券の買い方やレースのポイントを解説!

万馬券 当て方

みなさんは万馬券を当てようと考えた時にどんなことを考えますか?競馬を予想するうえで、万馬券を狙っても簡単に当たるものではありません。

しかし、万馬券の当て方としては馬券の買い方にこだわる、レースが荒れるであろう要素を見極めるなど的中率を高めるためのアプローチがあります。

この記事では、万馬券の当て方として少しでも可能性を高める方法論をご紹介しましょう。

万馬券は当て方を意識しなければ当たらない?

競馬のレースで高額な万馬券が出た場合には、ニュースとして報じられることもあります。それだけ、予想を的中させることが難しいということになります。

長く競馬を楽しんでいるファンであっても、万馬券はなかなか当たるものではありません。

1着になる馬を当てたいと普通に馬券を買っているだけで高額配当を手に入れた場合は、かなりの幸運ということになるでしょう。

本気で万馬券を狙うのであれば、当て方として実践したいアプローチがいくつかあります。

まずは、高額の馬券を的中させる可能性が高まるポイントについて解説していきましょう。

買い方からの当て方

万馬券は馬券の種類によってが出る確率がことなります。

一例として単勝はシンプルに1着の馬を当てるものなので、18頭出走するフルゲートでのレースで的中する確率は単純に考えて1/18です。

そのため、レースの結果が想定を超えるようなものになったとしても、そう簡単に万馬券が出るものではありません。

三連単

競馬 三連単 軸2頭ながし

さまざまな馬券の種類がある中で、三連単は払い戻しの金額がもっとも高額になるのはご存知の通りです。

おもな買い方の中で、少しでも効率的に万馬券を狙っていくならばマルチがおすすめでしょう。

1着に予想する軸馬を決める軸1頭ながしにすると、買い目もしっかり絞ることができます。

軸馬を決めないボックスは当たる可能性だけを見て考えるとマルチを上回りますが、買い目も多く多額の購入資金が必要です。

そのため、選択する頭数が多くなるほど、買い目の差は大きくなります。

三連複

競馬 三連複

三連複も1着から3着までに入線する馬を予想する馬券ですが、順位までを的中させる必要はありません。

それだけ予想の難易度は下がるわけですが、ボックスで万馬券が出る可能性は十分にあります。

と同時に万馬券ありきで狙っていくと的中率としてはどうしても低くなりますから、追いすぎてはいけません。

またボックス買いによる万馬券の当て方としては、出走する馬の頭数が少ないレースを避けることがおすすめです。

当たる可能性は頭数が少ないことで高まるものの、払い戻しの金額についてはそこまで高額にならないため回収率の面で難があります。

レースの絞り込み

競馬 ダート

よほどのことがなければ、1点買いで万馬券を的中させることは難しいと言えます。

当てにいくのであれば、購入する点数はそれなりにふくらんでいきます。

とは言えそれで負けが先行していけば、万馬券が的中することになってもトータルはマイナスとなりかねません。

1日の全レースをやみくもに買っていくのではなく、荒れて配当の高くなりそうなレースだけに絞って馬券を購入するなどの工夫が必要です。

1日に1レースだけ、もっとも荒れると見込まれるレースでだけ勝負するといったところまで思い切っても良いでしょう。

その絞り込みを行う上では、出走する馬の状態についてよく見る必要があります。

本命馬

競馬 アーモンドアイ ルメール

1番人気、それもかなりずば抜けた人気となっている馬がいるレースは一見すると万馬券の出る望みもなさそうに思われるでしょう。

ですがパドックなどで1番人気の馬を観察して元気がないなど、何かしら不調の兆候が見られるとなると話は違います。

高い人気を集めている馬が馬券から外れると、一気に配当は高額になる可能性があるのです。

そのほかちょうどジョッキーの乗り替わりがあったタイミング、枠が内枠であったり外枠であったりするなどの要素も波乱を呼び込む場合があります。

穴馬

競馬 ダート コパノキッキング

万馬券の当て方として、穴馬に注目しないわけにはいかないでしょう。

穴馬は、勝利する見込みが薄いと予想されているからこその穴馬です。

しかしながら、そこに万馬券の狙い目があります。

やはりレース直前までの状態についてよく見ると、もしかすると番狂わせを起こすかもしれないと期待される仕上がりになっていることもあるものです。

ただ当初からの見立てが混戦の様相を呈していて、本当にどの馬が勝ってもおかしくないというレースであると人気は分散する可能性があります。

つまり、極端に人気のない馬が不在であるという状況です。

そうなるとせっかく穴馬を的中させても、万馬券にはならないことが懸念されます。

過剰人気馬

競馬 ディープインパクト 武豊

単勝である程度のオッズとなっていることから、投票はさらに集中していく傾向があります。

それによって、人気馬の中には実力以上に人気を集める「過剰人気馬」もいるのです。

前走までの状況と直前の様子を鑑みて、本当に好走が期待されるのかどうかについて判断すると良いでしょう。

人気から馬を選ぶ

競馬 オルフェーブル

買い目が多くなりすぎないように考えるのであれば、人気上位から6頭前後をセレクトする買い方に万馬券的中への光明が見えるでしょう。

一例として、1番人気から9番人気までの幅で考えてみましょう。6頭を選ぶのであれば、3頭を切るというかたちになります。

「万馬券は人気のない馬が勝ったときに出る」との固定観念があると、単純に人気上位3頭を外せば良いと考えてしまうかもしれません。ですがそれでは単に人気薄の馬を網羅しているだけの結果となり、的中率はかなり下がります。

反対に7番人気から9番人気の馬を外すと、これは人気の馬を上位からカバーしている買い方ですから収支をプラスにする観点からは微妙です。

的中率と回収率の兼ね合いを考えると、人気上位から1頭を外すくらいで良いバランスになると考えられます。

同様にして4番人気から6番人気、7番人気から9番人気の馬を1頭ずつ外すことでクレバーな買い方になると言うことができるでしょう。

万馬券の当て方シミュレーション

馬券

レースと馬の条件から、万馬券の可能性をシミュレーションしてみましょう。

たとえば1番人気の馬が、コースレコードを出すほど高速の馬場における勝負を得意にしているとします。

逆に言うと、馬場が重い場合に不安要素が見られるわけです。

好調を維持している中では、当然に1番人気となるでしょう。

ところがレースの前に雨が降ったとなると、これが死角になるのです。

万馬券を狙うのであれば、思い切ってこの馬を外してみると高額的中の可能性が高まります。

そのほか、同じコース条件や距離のレースをあまり経験していない馬も成績を残す上では懸念材料となるでしょう。

こうした馬を外すことで、三連単や三連複の万馬券ができあがるわけです。

まとめ

倍率が100倍以上となる万馬券は、容易に的中させることのできるものではありません。

その馬券を買おうと予想する競馬ファンが少ないわけですから、その裏を読むことが当て方のコツとなります。馬券の種類からするとコンスタントに万馬券を目指すには1着から3着までの馬を当てる三連単、三連複がおすすめです。

順位まで的中させなければならない三連単は、配当がより高額になるとともに予想はより難しくなります。

順不同でも的中となる三連複は、予想の難易度が下がるものの配当は三連単に及びません。

買い方については三連単でマルチ、三連複のボックスをおすすめします。

また馬券を購入するレースに関しては、1日の中で1レースに賭ける程度まで絞り込むといった思い切りも必要です。本命馬に不安要素があることや人気過剰馬を見極めること、穴馬の活躍する余地を探ることなどがポイントとなります。

そして人気馬と不人気馬のいずれもバランスが良くなるように外しつつ、万馬券となる組み合わせをつくっていきましょう。