投資競馬の買い方、自分の競馬を投資に変えるために必要なコト

投資競馬

投資競馬、その言葉を耳にしたことはあるでしょうか?

その言葉の通り、「競馬」を「投資」として行い、利益を出す、というものです。
似たような言葉で「馬券生活」というのもありますね。

今回はこの「投資競馬」についての考え方、押さえるべきポイント、そもそも投資としての競馬は成り立つのか?などについてお話していきます。

投資競馬、馬券生活を目指す ~はじめに~

投資競馬 馬券生活

投資競馬について解説する、と冒頭に書きましたが、まず競馬がどういうものか、を認識する必要があります。

よく言われるように、競馬は「公営ギャンブル」、つまりは「ギャンブル」なのです。

競馬を投資にするということは、「ギャンブルを、ロジックや考え方で投資になるレベルまで引き上げる」ということ。

言うなればギャンブルを無理やりどうにかして投資にしよう、という考えですね。

こう書けば、細かく説明しなくても、投資競馬のハードルは非常に高いと伝わるのではないでしょうか。

はじめにみなさんに理解しておいてほしいのは、前提として「投資競馬はめちゃくちゃ難しい」ということです。

そのうえでこの記事で解説する内容に目を通してもらえれば、実用的な内容もいくつかあるかもしれません。

まずは目標利益を明確に定めること

投資競馬 目標

投資競馬を行ううえで、最重要と言っても過言ではないのが、この「明確な目標利益の設定」です。

競馬だけでなく、投資全般にも言えることですが、目標利益を明確に設定することで、目標に対しての現状把握と、細かな資産管理ができます。

資産管理は投資を行ううえで必要不可欠な能力なので、「気分で馬券を買ってしまおう」と、むやみやたらに馬券を買ってしまう人には、おそらく投資競馬の実現は不可能でしょう。

惰性で使っているお金を見直す

投資競馬 お金 見直し

もう一点、投資競馬を行ううえで大切なのが「惰性で使っているお金の見直し」です。

「投資競馬」をやる、ということは、競馬で利益を上げる、行く末は「馬券生活をする」ということです。

コンビニでなんとなくものを買う、など、現状で惰性で消費しているお金があるなら、それは無駄な支出になります。

そういった無駄な支出をいかに投資に回せるか、という点も、投資競馬で利益を出すうえでは非常に重要なポイントでしょう。

馬券を買う時に必要な考え方

ここまででは「投資競馬」をやるための心がまえの部分についてを書きましたが、ここからは競馬で勝つための手法、買い方、考え方などについて解説します。

マーチンゲール法、モンテカルロ法は投資競馬とは真逆

投資競馬 マーチンゲール法

ギャンブルの必勝法を調べたことがある人は、マーチンゲール法や、モンテカルロ法という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

これは昔からギャンブルの必勝法と呼ばれ、今でもカジノなどでこの手法を使っている人もいます。

マーチンゲール法とモンテカルロ法の詳細については以下のリンクから

マーチンゲール法は勝てる!?攻略法の使い方や計算方法を徹底解説
モンテカルロ法の使い方と考察

たしかに、上記の手法を使ってギャンブルで利益を出している人がいることも事実ですが、それはあくまでバカラやルーレットなどの「2択ギャンブル」です。

競馬は一番当たりやすい複勝でも20%以下、しかも配当が2倍に満たないこともザラ。

「競馬でマーチンゲール法をやれば勝てる」というサイトや記事を見たことがある人もいるかもしれませんが、99%勝てないと言っていいでしょう。

こういった手法を実践することは、投資競馬から一番遠いと言っても過言ではありません。

圧倒的に重要なのは「的中率」(複利も考える)

投資競馬 的中率

競馬で勝つためには「的中率より回収率だ!」という考え方を見たことがありませんか?
基本的にこの考え方は間違っていません。

ただ、投資競馬をやるうえでは「的中率」の方が重要になってきます。

なぜなら「投資」なので、「資金管理」をしながら「複利」で利益を出すことを考えなければならないからです。

わかりやすい考え方はこうです。

例) 1レースあたり資金の1%で馬券を買う
資金100万円 → 的中して資金増える → 資金101万円 → 的中して資金増える → 資金102万円・・・

かなり極端に書きましたが、投資競馬では継続的に、少しずつでも資金を増やしていくことが非常に重要です。
コツコツでも積み重ねていけば資金も増え、上記の例で言えば資金が150万円に届けば、1レースあたりに使う馬券代も1.5倍の1万5千円になります。

これを実現するためにはコンスタントに的中させることが必要不可欠です。

そのため、投資競馬では的中率を重視した馬券の買い方が必須になります。

100万馬券が何度も的中する、ということはほぼ無い

投資競馬 万馬券

前述した的中率を重視した方が良い、という内容に補足で付け加えると、100万馬券などを狙う買い方が回収率重視の買い方でしょう。

しかし、みなさん過去を振り返ってもらえれば分かりやすいかと思いますが、100万馬券が的中することはそうそうありません。

的中させたことがある人でも1度か2度、頻繁に的中させられる人は、競馬人口の1%もいないのではないでしょうか?

たしかに100万馬券が当たる、というのはかなり爽快ですし、一気に利益も増えますが、その確率はかなり低いと考えた方が賢明です。

「毎回確実に当てにいく」という馬券の買い方のほうが、長期的に見て建設的な投資といえます。

投資競馬に適した馬券とは

投資競馬 馬券

ここまでで解説した通り、投資競馬で重要なのは「的中率」です。
そして馬券をコンスタントに当てることが大切になってきます。

そこで投資競馬に適した馬券は何か?ですが、それはズバリ
「単勝」
「複勝」
「ワイド」

の3つです。

「単勝」「複勝」に関しては、全ての馬券の中で純粋に的中率が高い馬券だからです。
的中率が高いかわりに、オッズがかなり低くなることもあるので、その点には注意して買う必要があります。

「ワイド」に関しては、的中率で言えば「枠連」よりも低くなりますが、オッズがある程度つきやすいことと、ボックスで勝ったときにダブル的中、トリプル的中も出やすいので、回収率にも期待できることが利点でしょう。
「ワイド」は的中率と回収率を兼ね備えた馬券と言えます。

穴馬ばかり狙わず、上記の馬券とオッズを組み合わせ、コンスタントに的中を出すことが投資競馬の第一歩目と言っていいでしょう。

競馬予想会社を使う

これは番外的な手法ですが、投資競馬を行ううえでは「競馬予想会社」を利用するのもひとつの方法です。

ひとことに「競馬予想会社」と言っても、現状多数の競馬予想会社があり、中には詐欺を働く会社もあります。

しかし、その一方でかなり高配当を得れる予想を提供している競馬予想会社が存在するのも事実です。

お金を払って予想を購入するため、馬券代+αのお金がかかってしまうので、質の良い予想を提供してくれる会社を選ぶ必要はありますが、競馬予想会社を利用するのも、あなたの投資競馬を簡単に実現させてくれる手段のひとつかもしれません。

選択肢の一つとして、頭の片隅に残しておくといいかもしれませんね。

まとめ

今回は投資競馬にはどんなものが必要なのか、投資競馬に効果的な方法とは何なのかについて解説しました。
その名の通り「投資」を前提とした競馬なので、普通に競馬をやるより数段難易度は上がりますが、しっかりルールを決め、資金管理ができれば不可能ではないはずです。
競馬でコンスタントに利益を出せている人は、もう少し踏み込んで考えてみることで、自分の競馬を投資競馬にできるかもしれませんね。