競馬予想会社求人!!競馬予想会社の社員になる方法を紹介

競馬予想会社を利用している方なら一度は思ったことがあるかもしれません。

競馬予想会社にどうやって就職するの?

実のところ、この記事を書いている私は「元競馬予想会社の社員」です。

「競馬予想会社 求人」と検索しても中々募集していませんよね?

競馬予想会社の求人はあることにはありますが、滅多に求人を出しません。

そこで私の体験を基に競馬予想会社の求人について紹介します。


▼信頼できる競馬予想会社
(横にスクロールできます)
ランキング1位
スマート万馬券
ランキング2位
あしたの万馬券
ランキング3位
うまライブ
ランキング4位
ウマくる
ランキング5位
すごい競馬
スマート万馬券
《最新的中情報》
2021.10.10
東京9R
3連単12点
528,680
あしたの万馬券
《最新的中情報》
2021.10.10
東京9R
3連単6点
1,057,360
うまライブ
《最新的中情報》
2021.10.10
阪神11R
3連単16点
541,530
ウマくる
《最新的中情報》
2021.10.10
東京5R
3連単16点
481,080
すごい競馬
《最新的中情報》
2021.10.09
東京7R
3連単18点
765,420
▼クリック▼ 公式サイト ▼クリック▼ 公式サイト ▼クリック▼ 公式サイト ▼クリック▼ 公式サイト ▼クリック▼ 公式サイト

競馬予想会社は表だって求人を出していない

競馬予想会社はインターネットで検索をしても求人情報は滅多に出てこないでしょう。

試しに「競馬予想会社 求人」で検索してみてください。

「はたらいく」や「フロムエー」が上位検索に引っかかりますが、クリックしてみると下記の画像が表示されるだけです。

フロムエー

競馬予想会社の求人をインターネットで検索しても見つかる可能性は限りなく0に近いです。

競馬予想会社の求人は一般的に競馬予想会社の社員の友人を勧誘など「紹介制」だからです。

悪徳競馬予想会社の求人

「競馬予想会社 求人」で調べてみますと、すでに募集を終了していましたが、唯一「エン転職」で「株式会社フルハウス」という競馬予想会社が求人を出していました。

エン転職

主な業務は「レースデータの集計・分析・取引先各社への情報提供」と「オペレーター業務」と記載されていました。

応募資格は学歴不問で、未経験者・第二新卒者歓迎でした。

業務時間は(8時から23時の中で実働8時間)のシフト制。固定給制で月給20万円以上です。おそらくここからサイトの売上次第で歩合がつくのでしょう。

雇用形態は正社員ですが、1カ月間の研修が必要なようですね。

競馬予想会社の求人を出していたフルハウスを検証しますと…かなり危ない競馬予想会社だったようです。

競馬予想会社「株式会社フルハウス」は増山記透・長谷川純グループ=日本情報機構(ビッグウイン)系の子会社で、会社名を(有)フルハウス→(株)フルハウスと組織が変更し、現在(株)ぽっぽビートという社名で運営を行っています。

代表取締役は「濵田拓郎」。ぽっぽビートのホームページを見ますと「当社はスポーツ分析等のサービスを行っています。」と記載されていました。

ぽっぽビートに組織変更した後でも競馬予想を提供しているようですね。ちなみにぽっぷビートのホームページでは求人を行っています。

ぽっぽビート

ぽっぽビートのホームページ

業務内容は「情報管理」・「分析」・「懸賞業務」・「サイト運営」・「ウェブ制作」・「ウェブシステム」・「撮影関連業務」です。

資格は高卒以上20歳から30歳までで、勤務時間は9:30~19:00(実働8時間)です。

給与は「当社指定による」と詳細は不明ですが、昇給は年に1回、賞与は年に2回、交通費全額支給で社会保険完備と待遇は良いようですね。

また、休日に関しては週休2日制(シフト制)で年末年始・年次有給休暇・慶弔休暇などが取れます。

ぽっぽビート 採用情報

ぽっぽビートは特に学歴や経歴を重視していません。

求人応募するためには「応募フォーム」から問い合わせます。

ぽっぽビート 応募フォーム

しかし、ポッポビートの親会社増山記透・長谷川純グループ=日本情報機構(ビッグウイン)は行政書士の「板倉直壽」に懲戒請求を静岡県知事に求められている非常に危険な競馬予想会社グループです。

珍しく求人を出している競馬予想会社ですが、大変危険なので求人応募はおすすめできません。

競馬予想会社は求人を出していてもぽっぽビートのように露骨に競馬予想会社業務とは掲載していないことがあります。

競馬予想会社「予想屋マスター」がアルバイトの募集をしている

競馬予想会社「予想屋マスター」が正社員ではないものの「バイト」の求人を出していることがわかりました。

予想屋マスター 求人 アルバイト

業務内容の詳細がありましたので紹介します。

・予想屋マスター事務局の業務アシスタント(サイト運営サポート・電話対応・メルマガ作成・データ集め分析サポート)
・セミナー開催同行サポート
・予想屋マスターの予想業務アシスタント(データ収集等)
・運営サイト開発アシスタント
・予想屋マスターの動画撮影編集業務

予想屋マスター 募集要項

業務内容は完全に予想屋マスターの使い走りですね。

募集人材の条件は「競馬に興味を持っている人」だけで年齢・性別は不問です。大学生でも求人応募できます。

雇用形態は「アルバイト」で、シフト制(平日:10:00~19:00の間・土日祝:8:30~17:30分の間)で最低週2日4時間勤務です。

時給は900円からですが、応募者の能力に応じて相談できます。

求人応募方法は電子メールまたは郵送で「履歴書」・「職務経歴」・「提出時の週末に開催されるJRAの予想」の3点を「yosoinfo@keibariron.com」まで送ります。

郵送の場合は下記の住所へ送ります。

〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西2-1-8曽根ビル2F
株式会社サクメディア

採用までのスケジュールは「募集告知」→「書類選考」→「面接(予想屋マスター本人と立会)」→「最終選考」です。

最後に、正社員登用制度がありますので、予想屋マスターのバイトから初めて上手く行けば、正社員になれるかもしれません。

競馬予想屋マスターは競馬予想会社として、それほど口コミの評価が高いわけではありません。ですが、巷に溢れる競馬予想会社と比較すると、真面目に予想を提供している競馬予想会社です。

比較的信頼できる競馬予想会社の求人をお探しなら、予想屋マスターに応募してみると良いでしょう。

競馬予想会社は情報漏洩を極端に嫌う

競馬予想会社 情報漏洩 嫌う

競馬の予想は社外に持ち出される可能性が高いため、競馬予想会社は一般的に求人しません。

昔は求人雑誌の「ビーイング」などで求人していましたが、現在廃刊となっています。

競馬予想会社側も求人広告で入ってきた社員に情報を持ち出されたり、退社した社員に詐欺行為を暴露されたりして警戒心が強くなり、今では求人広告を出すところは、ほぼ無くなりました。

運が良ければ求人広告を見つられるかもしれませんが、会員の情報入力や客からのクレーム処理、訴えられた時の出廷用のバイトなど末端の募集で、競馬予想会社の核心には触れられないでしょう。

予想屋マスターでは求人を出していましたが、あくまで「バイト」です。

競馬予想会社の中核に触れられるような仕事は回ってこないでしょう。

競馬予想会社は出会い系サイト経由で入社できる

競馬予想会社 出会い系

では、競馬予想会社に入社するには社員からの紹介がなければ入れないのでしょうか?

確かに正社員を募集している競馬予想会社は滅多にありませんが、競馬予想会社は競馬の他に「出会い系サイト」を運営していることも珍しくありません。

競馬予想会社に会員登録をしたら、出会い系サイトからメールが来た方もいるでしょう。

出会い系会社は競馬予想会社とは違い、インターネット上で社員を募集していますので、社員になるのはそれ程難しことではありません。

競馬予想会社の社員は出会い系サイトから流れてきている人が結構います。

ただし、出会い系サイトに入社したからといって簡単に競馬予想会社の社員になれるわけではありません。

上述しましたが、競馬予想会社は情報の漏洩を極度に嫌がります。競馬予想会社の社員になるには、まず出会い系サイトの社員としてそれなりの信頼を築かなければいけません。

紹介制でなくても競馬予想会社に入社するには「信用されていること」が絶対条件です。

競馬予想会社は出会い系競馬予想会社経由で求人を行っています。

競馬予想会社の社員になった話

競馬予想会社 裏側

競馬予想会社に入社する方法は「紹介」だけではなく「出会い系サイト経由」で入社することができます。

私が競馬予想会社に入社した方法は「紹介」でした。どういった経緯で入社し退社に至ったのか競馬予想会社の求人の裏側を暴露します。

兄のツテで競馬予想会社を紹介された

当時の私は碌でもない人間で、大学を一度中退し、もう一度大学に入学しなおすなど何の目的もなくプラプラしていました。

将来から目を逸らし「今が楽ならそれで良い」とまさに人生をなめ腐っていました。

そんな堕落の中で寝そべっている私に危機感を持ったのが、私の兄です。

兄は小さな広告会社の社長をしていて、私の意思とは反対にどうにか私を就職させようと人脈を使って私の就職を斡旋してくれました。

当初、兄は「〇月〇日に面接が決まった。スーツを着て取り合えず行け。」というだけで私は何をしている会社なのか知りもしませんでした。

絶望的な未来に私はある種開き直って、兄に言われた通りに面接に向かいました。

競馬予想会社の社長は若い

競馬予想会社 社長

私はてっきり会社の面接なのだから、その会社の会議室に通されるものだと思っていましたが、待ち合わせは某駅の改札前でした。

面接を担当してくれる人の連絡先を知っているだけで、待ち合わせ場所に来る人もどんな会社なのかも知らず、兄から借りた丈の合わないスーツを着て突っ立っていました。

季節は世の中の就職活動が終わってる春。待ち合わせ時刻になっても誰も来る気配はありません。

我慢ができず私から面接担当の連絡先に電話をかけてみると女性が出ました。

「今から行くからちょっと待ってて!!」と女性が電話に出ました。

てっきり私はそれなりの年齢の男性が出るものかと思っていたので少し驚きでした。

通話をしてから10分程度経った頃でしょうか。電話が鳴り「今着いた」との連絡。

私がいる場所を伝え、小走りに私の方へ向かってきたのは、女性は女性でも身長の低い20代くらいの若い女性でした。

拍子抜けだった私に彼女は「取り合えず喫茶店に行こう」と言い、私は彼女の後をついて駅前の喫茶店に入りました。

「面接所が喫茶店?」社会経験の無い私はちょっと不服でした。今思うと何か舐められてた気がしてたんでしょうね。

そこから軽い面接が始まり、そこで初めて彼女が社長で競馬予想会社を運営していることがわかりました。

競馬にもギャンブルにも一切興味の無かった私は「競馬の予想を売る仕事?」と女性社長が話す内容の半分も理解できませんでした。
彼女の発言で覚えている言葉は「資本金0から始められるからリスクは0で法律も犯していない。」のたった一つだけです。

そして彼女はノートPCを取り出し、何やら良くわからないサイトを見せられました。それがまさに「競馬予想会社のサイト」でした。
どのようなサイトなのかは身元の特定を防ぐために伏せますが、サイトにはギャンブルを知らない私でも疑問に思うような「100%」や「絶対当たる」などが記載されていました。

それから、福祉や毎年社員旅行で海外旅行に行っているなど「いかにこの会社が良いのか」まくしたてられ、馬鹿な自分は変なやる気スイッチが入りました。

今思えば本当に愚かですが当時の私は自ら「入社させてください」と頭を下げました。

女社長は笑みを浮かべ、最終面接の日付を私に伝え、その日の面接は終了。

競馬予想会社は碌な面接をしない

居酒屋 面接

面接が終わり今まで関わったことのない世界の話をされ、呆気に取られていましたが取り合えず1次面接は終わったと安堵していました。

そして最終面接の日。待ち合わせ場所は1次面接を同じ駅前の夜7時。

今回は女社長だけではなく男も来ました。その男もまた30代手前の若い男でした。

そして連れられて入ったのは居酒屋。

何が最終面接なのかわからない私は男に「何を飲む?」と聞かれビールを頼みました。

大学では孤立し酒の席の作法もわからない自分は緊張しながらも次々とアルコールを胃に流し込みました。

最終面接なんだから志望動機やら最終的な自分の目標を聞かれるのかと身構えていましたが雑談が進むだけで面接らしい面接はありません。

雑談が進む上でわかったことは、その男は私の直属の上司だということです。

そして酒が回り上機嫌になった私へ男は「取り合えず仮採用をする。いつ会社に来れる?」と言いました。

私はまともな思考もできず、その場のテンションで「今週の金曜日」と深く考えず「ノリ」で返答しました。

それを聞いた女社長と男の上司はまたも笑みを浮かべ。仮採用の決定の乾杯をし最終面接を終えました。

最初の仕事はサクラ口コミ作成

競馬予想会社 口コミ作成
そして私はその週の金曜日から競馬予想会社で働くことになりました。

競馬予想会社の事務所は4階建てのビルの1室で、事務所に入るとデスクとPCが10数台並べられ、それぞれのデスクにこれもまた20代から30代の若い男性社員がパソコンを正面に電話をしたりパソコンを操作していたりしていました。

そこで軽い自己紹介を行った後、契約書の記入と社員との軽い雑談でその日は終わりました。

契約書で印象深かったのは「もしこの会社を退社したらしばらくの間はこの業界に首を突っ込まない」という項目です。

契約社員の期間で主に行っていた業務は競馬予想会社メディアへの口コミの投稿です。

当時の私はこの会社には本物の馬券師が居て、会員に本物の予想を提供していると思っていましたので、「当たった!!」や「この競馬予想会社はすごい!!」など何でわざわざ自分がサクラの口コミを投稿しているのか理解できていませんでした。

4か月間という研修期間で私のその会社の不信感は日に日に増していきました。

競馬予想会社の実態を知って退社を決意

競馬予想会社 実態

研修期間も終わる頃に私はこの会社に嫌気がさしました。

買い目は競馬予想会社の社員がノリで作っていることや、お客様である会員をただの金として扱っていること。

悪徳競馬予想会社に入社してわかったことは、彼らは人の道から外れていることです。

しかも道を外している感覚が麻痺していることです。当たりもしない予想を会員に高額で買わせても罪悪感の欠片もなく笑っているその姿。

確かに競馬予想会社の給料は良く、社員の中には月600,000円を稼いでいる人もいましたが、競馬予想会社の運営を任されているごく一部の人間で、末端の社員は低賃金でサクラの口コミを永遠と作成するなど悲惨なものでした。

辞める旨を皆に伝えた時に、社員たちから言われた言葉が今でも脳裏に焼き付いています。

裏切り行為だ。」・「本当に人のためになる仕事なんてねえんだよ。」・「お前みたいなやつはどこに行っても失敗する。

悪徳競馬予想会社を退社し、当リサーチに入社した今、昔のことを振り返ると本当は彼らも罪悪感があったはずです。

悪徳競馬予想会社の社員の平均年齢は20代と若く、過去に犯罪歴がある人も少なくありません。

競馬予想会社はそのような行き場所の無い方々が集まっていたのでしょう。当時の私もその内の1人でした。

だからと言って、悪徳競馬予想会社を許す訳にはいきません。

悪徳競馬予想会社に一時期身を置いていたという罪は一生付きまといます。

当リサーチで悪徳競馬予想会社を告発することで過去の償いになるとは決して言えませんが、悪徳競馬予想会社の被害に遭う方が1人でも減れば…という願いで私の罪を告白させて頂きました。

まとめ

以上、競馬予想会社の求人について紹介しました。

競馬予想会社は表立って求人を行っていません。

競馬予想会社の社員のほとんどは私のように紹介で入社するか、出会い系サイトを経由して入社しています。

競馬予想会社の給料は確かに良く月1,000,000円以上を稼ぐ人もいます。

しかし、忘れていけないは1,000,000円の裏側には絶望に暮れる被害者がいることです。

人の道から外れてまで悪徳競馬予想会社に入社してはいけないことを重々ご承知ください。

また、まれに求人を出している競馬予想会社があり、調べたところ、競馬予想会社「ぽっぽビート」が求人を出していて、競馬予想会社「予想屋マスター」がバイトの求人を出していました。

ぽっぽビートは悪徳競馬予想会社の子会社なので求人の応募はおすすめできません。

一方で「予想屋マスター」は巷に溢れる競馬予想会社の中では比較的まともな競馬予想会社です。

想屋マスターの求人はあくまでも「アルバイト」ですが、正社員登用制度がありますので、「もしかしたら」社員になれるかもしれませんね。

もし競馬予想会社の求人をお探しの方は、ぜひ当記事をご参考にしてください。

TOPへ戻る
競馬予想会社