競走馬の名前を決めるルールは?かっこいい名前やダサ可愛い名前をまとめて紹介

競走馬 名前 かっこいい

色々な個性がある競走馬の名前。

カッコイイ名前、ダサ可愛い名前、ちょっと変わった名前、馬主の想いがこめられた名前など、競馬を見る上で競走馬の名前も一つ見所であると言える位、千差万別で多くの個性があります。

この記事では、競走馬の名前の決め方やルール、カッコイイ名前やダサ可愛い競走馬の名前をまとめて紹介していきたいと思います。競走馬の名前に興味がある方は是非チェックしてみて下さいね。

競走馬の名前を決める時のルール

競馬
競走馬は競馬に出走する時に馬名登録する事が義務付けられています。要するに、競走馬は名前を決めなければレースに出走する事ができないという訳です。

馬の名前を確定する時はまず公益財団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナルによる馬名審査を通過しなければならず、不適とされた馬名は登録する事ができませんので変更を求められます。

日本競馬にはどのような馬名におけるルールがあるのでしょうか。まずは競走馬の名前を決める時のルールについて紹介していきます。

カタカナのみ使用可

まず最初に、競走馬の名前は必ずカタカナでなければいけません。

これは1928年に統一されたもので、それまでは漢字の馬名もありました。漢字以外にも昔は「ザ・キング」や「ザ・ビクター」と言った「・」を使ってもOKでしたが、1928年にカタカナのみを使用できるという決まりに変更されまました。

「ヰ」と「ヱ」については過去に実際に使われていた馬もいましたが、現在では現代仮名遣いに限ると決められていますので、使用は不可です。「ヲ」というカタカナも同じ時期に使用不可になったのですが、1997年から使用する事が出来るようになりました。

2文字以上9文字以内

馬名はどれだけ長く短くても良いという訳ではありません。

カタカナで2文字以上9文字以内という決まりが設けられています。

昔は10文字以上の馬もいましたが、戦後に9文字以内という決まりに変更されました。

戦前で最も長かった馬の名前は…

  • ナンバートウエンチーシキス
  • ゼスカーレツトピンパーネル

この2頭でどちらも文字数は13文字。9文字以内という文字数制限があるので、(ー)このように最後の伸ばし棒がカッコの中に入っているケースもあります。この文字数の中でいかに自分の気持ちを馬に託すことが出来るかを決めていくのです。

その他の馬名に使用できない例

上記以外にも馬名を決める際には多くの決まりやルールがあります。以下の条件に当てはまる場合、馬名登録を行う事は出来ませんので覚えておきましょう。

  • サラブレッド造成から今日まで、功績を残した著名な馬の馬名
  • 国際保護馬名
  • 日本国外の重要な競走の勝馬の馬名
  • GI優勝馬の馬名
  • 日本の競走馬の系統上、特に有名な種牡馬または繁殖牝馬の馬名
  • 父もしくは母の馬名と同じ馬名
  • 特定の個人・団体名など宣伝(営利)目的のような馬名
  • ブランド名、商品名、曲名、映画名、著名人などが含まれる馬名
  • 馬の性別にそぐわない馬名
  • 公序良俗に反する馬名
  • 再使用禁止馬名以外で、現役馬・登録抹消馬・種牡馬・繁殖牝馬に類似する馬名
  • 競馬用語・競走名などと同一もしくはそれらが含まれる馬名

類似する馬名で過去にアウトだったものは「チョウカイテイオー」という馬名。これは過去に活躍したトウカイテイオーと類似した発音である為に却下となります。他にもモルフェーヴルやナイキシャトルなど、過去に活躍した有名馬に類似した名前の馬は登録を却下されるケースが多いです。

他にも競馬関係者の名前や通称を利用するのも不可。アンカツやタケユタカと言った馬名申請を行った方が過去にいるようですが、どちらも却下されています。

カッコイイ競走馬の名前を紹介

競走馬 かっこいい名前 オルフェーヴル
それではここからはカッコイイと言われる競走馬の名前とその由来をまとめて紹介していきます。強い馬の名前はカッコよく見えてしまうものではありますけども、その由来もまたカッコイイものが多いんですね。

  • エルコンドルパサー
  • ダンスインザダーク
  • デスペラード
  • クロノジェネシス
  • スノードラゴン
  • バブルガムフェロー
  • アドマイヤジュピタ
  • ヴァーミリアン
  • オグリキャップ
  • オルフェーヴル
  • ディープインパクト
  • サートゥルナーリア
  • サンデーサイレンス
  • ジェンティルドンナ
  • シンボリルドルフ

カッコイイと言われている競走馬の名前を簡単にまとめてみました。名馬が多い印象である事は間違いありませんが、活躍している馬は見る機会も多いので、気付けば好きな名前になっているという事は多くありますよね。

この中から数頭ですが、名前の由来も簡単に説明していきたいと思います。

史上初の無敗のクラシック三冠という偉業を成し遂げたシンボリルドルフ。シンボリは馬主の冠名で、ルドルフは神聖ローマ帝国の皇帝ルドルフ一世にちなんで名付けられた名前です。通称である『皇帝』というニックネームは名前の由来からきているという事になりますね。

無敗のクラシック3冠馬と言えばディープインパクト。ディープインパクトの名前の由来は瞳の輝きに衝撃を受けたという馬主さんのエピソードから。多くの人に強い衝撃を与える馬になってほしいという思いからディープインパクトという名前がつけられ、実際に多くのG1タイトルを獲得し、芝長距離部門で日本調教馬としては史上初の世界ランキング1位にも輝きました。

現役馬の中でも常に上位のカッコイイ名前と言われているサートゥルナーリアの馬名の由来は、『公現祭での行事の基礎ともなった古代ローマの祭り、母名からの連想』とされています。センスが素晴らしい名前ですよね。

種牡馬として多くの名馬を生み出したサンデーサイレンス。この馬の由来は「静寂なる日曜日」です。

ダサ可愛い馬名をまとめて紹介

競走馬 ダサ可愛い名前 モチ
センスがいいカッコイイ競走馬も多くいれば、ダサくて可愛い競走馬が多くいるのも競馬の醍醐味の一つ。

ここからは、ダサくて可愛い競走馬の名前をまとめて紹介していきます。

  • モチ
  • オレハマッテルゼ
  • ネコパンチ
  • ソンナノカンケーネ
  • イヤダイヤダ
  • ヨバンマツイ
  • ジーカップダイスキ
  • ドンマイ
  • カアチャンコワイ
  • カミサンコワイ
  • ナゾ
  • モグモグパクパク
  • オバサンオバサン
  • アイーンベル

アイーンベルは志村けんさんが所有していた馬で、自分の持ちギャグを馬につけたという事で話題になりました。モチという競走馬はその個性的な名前以外にも、若駒Sで実況アナウンサーが「モチが粘っている!」と発したことから有名になり、その後も多くの場所でネタにされています。

  • キミノナハセンター
  • ハシッテホシーノ
  • センテンスプリング
  • オトナノジジョウ
  • リャクダツアイ
  • キヲウエタオトコ
  • キンタマーニ
  • ケイバズキ
  • ナンデヤネン

その時の時事ネタ関係を馬の名前にする事も多くあります。ベッキーさんの不倫報道が過熱していた時に登場したセンテンスプリングという馬であったり。他にも芸能人がその馬の名付け親になる場合もかなり多く、キミノナハセンターは乃木坂46の白石麻衣さんが命名した馬で、「センターで歌うということは私たちにとって格別なことで、競馬界でも同じことが言えるのかなと思い、“競馬界のセンター”に立つような馬になってほしいと思い命名しました。」と語っています。

ハシッテホシーノはタレントのほしのあきさんが命名した馬。こちらの馬はG1にも出走するなど多くの舞台で活躍した馬として有名です。

まとめ

競走馬の名前の決め方やルール、カッコイイ名前やダサくて可愛い名前をまとめて紹介してきましたがいかがでしたか?

競馬を見る上で競走馬の名前というのは欠かせない要素になりつつあり、名前がカッコイイから好き、可愛いから応援するという方も少なくありません。今後も競馬を見る時は競走馬の名前にも注目しつつ、様々な形で応援していきましょう。