競馬の還元率と控除率とは?控除率が必要な3つの理由を紹介!

皆さんは、競馬のレースで勝った際に、払戻金を受け取っていますよね?

競馬では、レースの予想が的中すると払戻金を受け取ることができる制度があります。

しかし、競馬レースで予想が的中したとしても、払戻金を勝った分だけ全額受け取ることができないということをご存じでしょうか?

ここでは、競馬の還元率と控除率、控除率が必要な理由、券種別でみる控除率、控除率があっても回収率を上げる方法、他のギャンブルの控除率について具体的に紹介していきます。

興味がある方は、ぜひとも最後までご覧ください。

競馬の還元率と控除率とは?


最初に、競馬の還元率と控除率について紹介していきます。

競馬の還元率は払戻金のうち、プレイヤーが受け取ることのできる金額の割合のことを指します。

対して、競馬の控除率とは払戻金のうち、プレイヤーが受け取ることができない金額の割合のことを指します。

つまり、控除率はプレイヤーではなく、競馬の運営元に行くということになります。

例えば、控除率が20%の競馬で1万円を賭けた場合には、手数料が2000円差し引かれるということになります。

また、同様の条件で1000円を賭けた場合には、手数料が200円も差し引かれるということになります。

控除率が40%で1万円を賭けた場合には、手数料が4000円も差し引かれます。

すなわち、控除率は高いと損をする割合が大きくなり、低いと損をする割合が小さいという数値のことです。

そのため、少しでも競馬で勝ちたいという方は控除率が低い券種や競馬場でレースを楽しむ必要があるということになります。

控除率が必要な3つの理由


先ほど控除率のことについて具体的に紹介しましたが、控除率は存在意義があるから存在しています。

では、控除率はなぜ存在しているのでしょうか?

控除率が存在する理由は、主に3つあります。

競馬の運営資金として必要だから

日本では、競馬を運営している協会として「日本中央競馬会(JRA)」という組織が存在しています。

控除率は、この日本中央競馬会を運営させるために必要です。

具体的には、競馬場の運営費、人件費、馬券の発行費などのために控除率が必要になります。

控除率がない場合には、競馬場の運営ができないです。

つまり、競馬を開催することが不可能になるということになります。

そのため、控除率は競馬を開催するために必ず必要なものであるということがわかります。

国庫に納付するため

JRAは、現在、国に年間で約3000万円の売り上げを国庫に納付しています。

この3000万円はJRAの全体の売上の約10%を占めており、社会福祉や国の運営のために使われているようです。

例えば、公園の遊具や街中のベンチはJRAなどの納付によって設置が実現しています。

国庫納付は、3000万円に限らず、さらなる利益が出た場合には追加でお金が国庫に納付されます。

つまり、競馬の控除率はJRAの利益の一部となっており、国の運営資金として重要な存在になっています。

レースの賞金として必要だから

競馬には、配当金以外にレースの賞金として、騎手や調教師にお金が授与されます。

控除金は、賞金の一部に含まれており、馬主や騎手は賞金で生活をしています。

中でも、馬主は80%の賞金を受け取っており、G1などのレースになると1000万円以上の賞金を獲得することができるといわれています。

例えば、世界でも名声を獲得しているアーモンドアイは現役で約19億円の賞金を獲得しており、馬主は巨額の賞金を獲得しているということがわかります。

また、歌手の北島三郎が馬主として有名なキタサンブラックは、約18億円の賞金を獲得しており、菊花賞などのG1のレースで活躍しています。

券種別でみる控除率


ここからは、券種別の控除率について紹介していきます。

控除率は、購入する券種別でそれぞれ異なるということをご存じでしょうか?

下記は券種別の控除率ですので、気になる方は参考にしてください。

券種 控除率
単勝 20%
複勝
枠連 22.5%
馬連
ワイド
馬単 25%
三連複
三連単 27.5%
WIN5 30%

このように、高配当が狙える券種になればなるほど、控除率は向上するということがわかります。

そのため、控除率の高い券種の購入を避けたいという方は単勝や複勝などの馬券を購入することをおすすめします。

例えば、1万円の馬単の馬券を購入した場合には、控除率が25%になりますので2500円分が運営側に支払われます。

しかし、いずれにしろ三連単や三連複などの予想が困難な券種が的中した場合には、同じ金額を賭けていたとしても得をするのは三連単や三連複などの券種です。

高い回収率に期待したいという方は、圧倒的に三連単・連複などの券種を購入するのが良いです。

控除率があっても得をする3つの方法


ここからは、控除率があっても高い回収率で競馬を楽しむ方法について3つ紹介します。

地方競馬をする

控除率を少しでも下げたい場合には、地方競馬で競馬の予想をすることがおすすめです。

なぜなら、地方競馬と中央競馬では券種ごとの控除率がそれぞれ異なるからです。

例えば、大井・川崎・船橋・浦和・金沢競馬の還元はJRAよりも還元率が低い券種が存在しています。

そのため、上記の5つの競馬ではJRA主催の競馬よりも払戻金が少ないです。

対して、園田・姫路競馬では馬連の還元率がJRAよりも良いです。

しかし、地方競馬と中央競馬では還元率にそれほど大きな差はないです。

したがって、地方競馬を利用してもほんの数千円しか得はしないという事実を理解しておく必要があります。

穴馬で回収率を上げる

競馬の控除率の割合を減すことはできません。

そのため、元々の回収率を上げるという方法が有効的になります。

回収率を上げる方法には、さまざまな方法がありますが穴馬を狙うという方法が最も有効的でしょう。

穴馬とは、勝つことが期待されていない馬が勝つことを穴馬といいます。

穴馬は、注目をされていない分、オッズが高いです。

したがって、穴馬が勝つと高配当を期待することができます。

つまり、元手のお金が少なくても手数料に関わらず、多くの払戻金を受け取ることができるということになります。

また、高配当を狙うことができる券種(三連単・三連複などの券種)は手数料が高くても、当てることができた場合には元をとることが期待できます。

しかし、三連単や三連複などの予想が困難な券種は当てることが滅多にできないため、初心者の方には購入を勧めることができません。

馬券を購入しすぎない

競馬初心者が陥りやすいこととして馬券を購入しすぎてしまうという問題があります。

多くの競馬予想サイトの予想では、主軸の馬と相手馬を紹介しています。

しかし、ほとんどの予想は主軸馬が2頭であるのに対して、相手馬がそれぞれに4頭以上いる場合があります。

競馬予想サイトで推奨されている馬券を全て購入してしまうと、当たらない券種が必ず発生してしまいます。

つまり、競馬では「数を打てば当たる」の戦法は推奨されていないということです。

競馬は、控除率があるため、購入した馬券が一部当たったとしても外れた馬券が多すぎると、結局は損をしてしまいます。

そのため、競馬をする際には馬券を購入しすぎないことを当サイトでは推奨しています。

また、三連単や三連複などの券種は還元率が低いですが、単勝や複勝などの馬券は還元率が比較的に高いので、還元率と的中率のバランスを見て馬券を購入することも有効的です。

他のギャンブルの控除率は?


ここからは、他のギャンブルの控除率について紹介していきます。

下記は、それぞれのギャンブルの控除率の一覧です。

名前 控除率
競馬 25%
競輪 25%
競艇 25%
宝くじ 65%
パチンコ 15%

上記からもわかるように、競馬・競輪・競艇などのレースの控除率は全て数値が一緒です。

しかし、宝くじは控除率が高く、当選しても受け取ることができる金額が少ないということがわかります。

中でも、パチンコは控除率が低く、当たった場合には多くの払戻金を受け取ることができるようです。

いずれのギャンブルでも控除率はありますが、頭脳を使って戦略的にお金を稼ぎたいという方は競馬をするのがおすすめです。

海外競馬の控除率は?


最後に、海外競馬に控除率があるかについて紹介していきます。

競馬は、日本ではなく世界を通じて人気があるギャンブルであり、世界でも多くの方プレイヤーとして楽しんでします。

結論から申し上げますと、海外競馬ではほとんどの国で控除率が実装されています。

そのため、控除率を支払うのは必要不可欠であるという結論になります。

中でも、フランスは控除率が約15%となっていますので、フランスの競馬は比較的に還元率が高いということがわかります。

対して、アメリカは控除率が約21%となっており、日本と大差ないということがわかります。

日本で海外競馬を楽しみたいという方は、JRAを通じて馬券を購入することができますので、気になる方はぜひとも一度体験してみてはいかがでしょうか?

競馬で勝ちたい人におすすめの競馬予想サイト3選

競馬予想サイト

競馬をやっているとなかなか当たらなくて困ってはいませんか?

そうした方や、競馬を始めたばかりの初心者でも簡単に使用できる競馬予想サイトをご存知でしょうか?

こちらでご紹介しているサイトはどれも無料で毎日、または毎週予想をGETでき、有料版では桁が違うほどに稼ぐことができるサイトばかりです!

当サイト「徹底リサーチ」がその名前の通り徹底してリサーチした結果本当によくあたる予想サイトを3つ厳選したのでもしもう競馬で稼げない状況から脱したい人は無料登録して予想をGETしましょう!


1位:うまマル!

うまマル うまマルは2022年に最も注目を浴びるよく当たると評判の競馬予想サイト!
  • →毎日365日無料予想がもらえる!
  • →初心者でも知識なしでも安心簡単
  • →選別されたプロ馬券師が予想を提供
サイト名 うまマル!
平均的中率 87%
無料情報レベル ★★★★★☆
有料情報レベル ★★★★★★
今週的中金額 103万円!!

↓知識ゼロで競馬を攻略しよう↓

無料予想を今すぐGET

2位:競馬with

競馬with 競馬を楽しく稼ごうというコンセプトで作られたサイト!無料予想の精度も高く万人におすすめの競馬予想サイト!
  • 馬券師チャットで最新情報をチェックできる
  • 専属契約しているプロから得られる情報の精度が高い
  • 不的中でも安心の保障が付いている
サイト名 競馬with!
平均的中率 81%
無料情報レベル ★★★★★☆
有料情報レベル ★★★★★☆
今週的中金額 74万円!!

↓満足度83%の大人気のサイトから予想をもらおう!↓

無料予想を今すぐGET

3位:ウマくる

うまマル ウマくるは競馬予想サイトの中では珍しく超高性能AIによる予想がもらえる口コミで評判のサイト!
  • →無料でたった5点情報がもらえる!
  • →外れても安心!ポイントによる全額補償制度付き!
  • →有料予想はどのプランでも初回2万円分を割引!
サイト名 ウマくる!
平均的中率 82%
無料情報レベル ★★★★★★
有料情報レベル ★★★★★☆
今週的中金額 84万円!!

↓どれか迷ったらまずはここ!↓

無料予想を今すぐGET

まとめ

ここまで、競馬の還元率と控除率の概要や控除率が必要な理由について具体的に解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

競馬において、還元率は基本的に75%であるとされており、券種によって控除率が異なってきます。

また、競馬場によっても控除率が異なるということを理解しておく必要もあります。

しかし、控除率は国や競馬場を運営するためには、必要不可欠ですので控除率がなくなることを期待しないようにする必要があります。

当サイトでは、還元率・控除率以外の競馬の基本知識以外にもさまざまな競馬情報を配信しています。

気になる方は、ぜひとも他の記事も参考にしてみてください!

TOPへ戻る
優良競馬予想会社おすすめランキング