厩務員の仕事は競馬を支える縁の下の力持ち!やりがいや仕事内容を紹介!

厩務員 仕事

競馬関連の仕事と聞くと何をイメージしますか?

「ジョッキー」「調教師」など、表舞台に立つ花形の仕事をイメージしがちですが、競走馬が競馬ファンを楽しませてくれるのには「厩務員」の仕事が欠かせません。

厩務員は、日頃から競走馬の健康を管理し、最高のコンディションで競走馬がレースに挑めるように調整する仕事を担っています。

この記事では、厩務員はどのような仕事をしているのか、具体的な厩務員の仕事内容について紹介していきます。

厩務員はどんな仕事をしているの?

厩務員は、公営競技でもある競馬で走る競走馬の世話を調教師の指示をもとに担当しています。

競走馬は出走するレースで本来の実力を発揮して勝利するためには、体のコンディションを整えることが大切です。そのコンディションを整えるための仕事をしているのが、厩務員といったところです。

厩務員は競馬の華やかな表舞台に立つことはありませんが、競走馬が競馬で実力を発揮し、多くの競馬ファンを楽しませるためには非常に重要な仕事となっています。

また、単純に馬のエサやりや清掃だけではなく、競走馬の種付けから出産までをサポートする仕事もあり、仕事内容は多種多様です。

厩務員の仕事のやりがい

厩務員と競走馬

厩務員の仕事のやりがいは、なんといっても自分がお世話をした競走馬が競馬のレースで活躍してくれることです。

日頃から厩務でお世話をしている競走馬には愛情が注がれ、厩務員は自分の子どものように競走馬を可愛がるでしょう。

そんな競走馬が元気にレースで活躍する姿を見るだけでも厩務員としてのやりがいを感じます。また、日々の競走馬の成長を間近で見られるのが厩務員なので、タイムが速くなったりすると、さらにやりがいを感じられるのではないでしょうか?

特に、G1などの重賞レースを制した時は、ジョッキー・調教師・馬主とともに喜びを分かち合える素晴らしさもあります。

厩務員の収入

厩務員の仕事 馬房の清掃

厩務員は、一般的なサラリーマンと同様に給料制のところがほとんどで、平均年収は約600万円ほどといわれています。また、自分がお世話している競走馬が出走したレースで勝利し、賞金を獲得すると進上金としてお金がもらえるため、歩合制の面も持っているのです。

さらに、社台ファームやノーザンファームといった強い馬を多数保有する厩舎では、厩務員としての実力も見られるため、年収が1000万円を超えている方も少なくありません。

厩務員の仕事に就くにはどうすればいいの?

厩務員 競走馬

厩務員は、必ずしも知識や技術を持っていなくても仕事に就けることがあります。

JRA厩務員に限ってはJRA競馬学校の厩務員科を卒業する必要がありますが、地方競馬の厩務員であれば、特別な資格などは必要ありません。

そのため、厩舎で直接厩務員を募集していることがあるため、条件さえ満たしていれば厩務員の仕事に就くことができるでしょう。

厩務員は調教師へのステップアップもできる

馬房 厩務員

厩務員は、競走馬に寄り添ってお世話をするだけでなく、知識や技術が身についてきたら調教助手や調教師へとステップアップする道もあります。

調教師として仕事をするためには、JRAと地方競馬ともに専用の免許が必要となりますが、厩務員として厩舎で働きながら知識が身につけば、調教師として仕事をするのも夢ではありません。

厩務員は競走馬の健康管理がメインの仕事ですが、調教師となれば競走馬の成長に直接関わる大切な仕事なので、さらにやりがいを感じるでしょう。

厩務員の具体的な仕事内容

厩務員は競走馬がレースを最高のコンディションで走るためには欠かせない仕事です。トレーニングを専門とする調教師の存在だけでは、競走馬が健康に過ごし、レースで活躍させることは難しいでしょう。

では、厩務員は具体的にどのような仕事をしているのでしょうか?厩務員の具体的な仕事内容は以下の通りです。

  • 競走馬のエサやり
  • 馬房の清掃
  • 馬体のお手入れ
  • 競走馬の健康管理

厩務員の具体的な仕事内容について一つ一つ紹介していきます。

競走馬のエサやり

競走馬のエサやり

厩務員は馬のエサやりを担当します。主に飼い葉を与えますが、お腹がいっぱいになるまでエサを与えれば良いだけではありません。

競走馬の体重が激しく上下しないように、飼い葉の量を調整してエサの管理を行ないます。

競走馬の体調は体重にも大きく現れ、出馬表にも体重が記載されるため、競走馬の健康を維持するためには欠かせない仕事です。

馬房の清掃

馬房

厩務員は競走馬が生活を送る「馬房」と呼ばれる馬小屋の管理を行ないます。馬はデリケートな生き物のため、生活する馬房が汚れてしまっていると、健康面の問題だけではなく、精神的にも不安定になってしまう場合があるのです。

そのため、厩務員は日頃から競走馬が生活を送る馬房の清掃は徹底して行なっています。

例えば、馬房の中にある寝床「寝わら」には、馬糞が落ちていたりもするので、競走馬が快適に過ごせるようにチェックは欠かせません。

馬体のお手入れ

馬体の手入れ

厩務員は競走馬が健康に過ごせるように、馬体のお手入れは欠かせません。競走馬はトレーニングで馬場を走ったりもしますが、走ったあとは馬体に土や芝が付着していることがあります。

そして、厩務員はその汚れをブラッシングなどで取ってあげたり、爪の手入れを行なって馬体を常に清潔な状態に保ちます。

万が一、汚れが付着していたままになると、その汚れから菌が繁殖して、競走馬の健康に影響を与えることも考えられるでしょう。

そのため、競走馬の馬体のお手入れは競走馬がレースで活躍できるためにも欠かせない仕事の一つとなっています。

競走馬の健康管理

厩務員 馬体の手入れ

競走馬の健康管理は厩務員の仕事として非常に大切です。競走馬の健康が優れない状態であれば、レースに出走したとしても本来の実力を発揮することはできないでしょう。

常に競走馬の健康管理を行なっていないと、日頃からトレーニングで速く走るために調教を重ねても無駄になってしまいます。

また、厩務員は日頃からエサやり、馬房の清掃、お手入れを徹底して行なっていますが、競走馬も生き物なので、いつ健康状態が悪くなってしまうか分かりません。そういった日頃の健康状態をチェックするのも厩務員の大切な仕事です。

もし、競走馬の健康面に問題があるのにも関わらずレースに出走し、それが原因となって大きな怪我を引き起こしてしまうと、競走馬としての人生を終えてしまうこともあります。

そのため、競走馬の健康管理はレースで速く走るためにコンディションを整えるだけではなく、競走馬としての生命を守るためにも大切な役割があるのです。

【関連記事】

まとめ

競馬で力強いレースを見せつけ、競馬ファンを楽しませてくれる競走馬。そんな競走馬が常に健康かつ最高のコンディションで活躍するためには、競走馬を管理してくれる厩務員の仕事が欠かせません。

厩舎には「厩務員」「調教助手」「調教師」などの仕事がありますが、その中でも厩務員は常に競走馬と寄り添い、競走馬が健康に過ごすために、エサやり、馬房の清掃、馬体のお手入れ、健康管理などを担っています。

競馬関係者は華やかなイメージがありますが、厩務員の仕事は表舞台にでないため、どうしても裏方になってしまいます。

しかし、競走馬がレースで活躍して競馬ファンを楽しませてくれているのには、厩務員の日頃からの仕事が大きく関係しているのです。

競馬で多くの競走馬が走る姿を見られるのは、厩務員のおかげという一面があるのは忘れてはいけませんね。