競馬用語解説!ハミを噛むとは何?馬具効果も覚えて的中率アップ!

競馬用語解説

「競馬用語って難しい」「競馬番組を見ても、専門用語ばかりでわからない」
競馬初心者にとってはそのような悩みが多く、競馬は敷居が高いと思っている人も多いかもしれません。

普段聞いたことがない言葉もあり、どのような意味か見当もつかないことも珍しくないでしょう。

競馬用語は最低限知っておかないと、競馬予想をするときに困ってしまいます。
正しい意味がわかっていなければ、解説者が言っていることを勘違いしてしまうかもしれません。

今回は、競馬用語がわからない初心者のために、競馬用語を解説していきます。
競馬予想には欠かせない馬具などの効果も覚えて、馬券の回収率アップに役立ててくださいね。


あしたの万馬券

ハミを噛むって何?

競馬 馬具

皆さんは、「ハミを噛む」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。
「何かを噛んでいる」ことはわかるかもしれませんが、それが一体どういう意味なのか。

競馬初心者の方は、全く意味がわかりませんよね。

「ハミ」というのは馬具の一種であり、馬の口に含ませる金属製の道具です。
騎手が手に持っている手綱と接続されていて、馬をコントロールするために重要なものとなっています。

基本的に「ハミを噛む」状態は、騎手の操作がしやすい状況です。
騎手が手に持っている手綱としっかり連動できているということなので、レース中のコントロールが可能となります。

「ハミを噛む」ことによって推進力も生まれ、最後の直線でも伸びやすい傾向にあります。

ハミを噛んでいないということは、馬が騎手の意見に従っていないということにもなってしまうのです。

ただし、「ハミを噛む」ということが、必ずしも良いことばかりではありません。
レース中ずっと「ハミを噛む」状態であるということは、それだけ力んでしまっているということでもあります。

要はリラックスできていないので、スタミナを消耗してしまっているのです。

レースはスタミナを温存することも大事で、リラックスして馬の好きなように走れせてあげるのも大切です。
常に騎手がコントロールしている状態だと、馬もリラックスできません。

「ハミを噛む」のはレースの終盤にかかったときに、騎手のゴーサインが出てからが理想です。

レース序盤で「ハミを噛む」のは入れ込んでしまっている状況でもあるので、騎手にとってはレース終盤までハミを噛まずにリラックスして走らせるのが重要となります。


あしたの万馬券

その他の覚えておきたい競馬用語

競馬には「ハミを噛む」以外にも、様々な競馬用語があります。
レース予想に欠かせない競馬用語も多く、基本的な競馬用語を覚えることが馬券の的中率アップにも役立ちます。

そこで、「ハミを噛む」以外の覚えておきたい競馬用語を紹介します。
競馬初心者の方は競馬用語をしっかりと覚えて、競馬番組などでも意味をしっかりと理解できるようにしてくださいね。

ソラを使う

競馬 ダート TCK女王盃

騎手などがレース後などによくコメントする「ソラを使う」。
この言葉を正しく理解できていない人も多いかもしれません。

「ソラを使う」とは馬の癖の一つであり、レース中に走ることに対しての集中力がなくなることを言います。

よく見かけることが多いのが、馬が先頭に立つと急にソラを使ってしまうことです。

レース中で接戦の場合は目標としている馬が前にいて、馬もやる気がある状態です。
ところが、相手を抜いて先頭になってしまった途端に、よそ見をしたりして欠いてしまうことがあります。

これが、ソラを使っている状態です。

馬によって「ソラを使う」こともあれば、そういった癖はあまり見られないこともあります。
このあたりは馬の性格によって変わるので、「ソラを使う」癖があるかどうかはレース前に見極めておかなければいけません。

「ソラを使う」馬は最後の最後で集中力を欠いてしまい、イマイチ勝ち切れないという傾向が見られます。

成績は安定しているが勝ち切れていないという馬を見つけたときには、「ソラを使う」馬であるかどうか癖をチェックするようにしてください。

馬がヨレる

競馬 芝

次に、「馬がヨレる」という競馬用語を聴いたことはあるでしょうか。
「馬がヨレる」とは、急激に馬の走っている方向が変わることを言います。

最後の直線で急激に内もしくは外に進路を変えることを「斜行」と言い、場合によっては進路妨害となってしまうこともあります。

「馬がヨレる」とは急激に斜行するという意味で、気性的な問題とされることも多いのが特徴です。

例えば、他の馬を怖がってしまって、ヨレることもあります。
最終コーナーなどで他の馬との距離が近くなり、ヨレてしまって大外に膨らんでしまうというケースも珍しくありません。

また、気性面で問題がなくても、最後の直線で疲れてしまったときにヨレることもあります。

ゴール手前では、スタミナも限界にきている状況です。
馬も苦しい状態となり、脚どりがおぼつかないなんてこともありますよね。

限界ギリギリまでスタミナを消費している状態だと、最後の直線でヨレてしまいます。

「馬がヨレる」かどうかは、その馬が最後までスタミナに余裕があったかを判断するのに役立ちます。
最後の直線でヨレているのが確認できれば、その距離は長かったと判断できるのです。

レース後に騎手がコメントをすることもあるので、「馬がヨレる」ということは正しく理解しておいてください。

物見する

競馬 パドック

馬の様子を表すときに使う競馬用語が「物見する」です。
これは、パドックなどでよく聞く言葉となります。

「物見する」とは、馬が立ち止まって何かを見ている状況のことです。

よく見かけるのがパドック中に何かに驚いてしまって、立ち止まってしまうことです。

この「物見をする」ことは、レースではあまり良い意味で捉えられません。
なぜなら、「物見をする」のは、レースに集中していないからです。

例えばパドックで気合が乗っている状態だと、「物見をする」ことはほとんどありません。
逆にレースに気分が乗っていない状態や気合が足りないときには、馬が「物見をする」傾向が強くなります。

また、馬によってはレース中に「物見をする」こともあります。

レース中に余裕があるという良い意味で捉える人もいるかもしれませんが、走ることに集中できていないので良い結果は残せません。

レース中に「物見をする」馬は癖になってしまっていることも多いので、馬券を買うのはできるだけ避けるようにしてくださいね。


あしたの万馬券

レースでの馬具の効果は?

競馬では、様々な馬具が使用されています。
その代表的な例として挙げられるのが、ブリンカーとシャドーロールです。

ブリンカーは馬の視界の一部を遮る馬具のことで、馬の意識をレースに集中させる役割を果たします。
「物見をする」馬などに有効であり、レースで全力が出せるようになります。

シャドーロールは馬の鼻の部分に付け、下方向を見えにくくする馬具です。
競走中に頭を上げる癖のある馬に使用することによって、意図的に頭を下げさせるという効果があります。

頭を下げると推進力も生まれるので、レースで良い結果が出やすくなります。

馬具は馬の欠点を克服する鍵となるので、前走で馬具をつけていなかった馬がブリンカーやシャドーロールを装着してきたときに要チェックです。


あしたの万馬券

まとめ

競馬には様々な競馬用語があり、競馬初心者にとっては難しい言葉も多くありますよね。
レース後のコメントで騎手が「ハミを噛む」と言うことがありますが、「ハミを噛む」とは口に付けている馬具を噛んでいる状態のことを指します。

「ハミを噛む」状態は、騎手が馬をコントロールできるている状態です。

手綱までしっかりと連動できているので、騎手の思い通りに動かすことが可能となります。

しかし、ずっとハミを噛んでいる状態は、力みっぱなしで走っていることにもなります。
ときにはリラックスして走らなければ、最後までスタミナが持ちません。

「ハミを抜く」ことによって、馬をリラックスさせることも騎手にとっては重要です。

馬の口に付ける馬具のハミは、レースに大きな影響を与えるものです。
レース中のどこで「ハミを噛む」のかをチェックして、馬の癖を理解した予想で馬券の的中率アップを目指してくださいね。

TOPへ戻る