競馬でブリンカーを付ける意味は?得られるたった1つの効果をご紹介

競馬 ブリンカー 効果

競馬では、競走馬にブリンカーという道具を装着させることがあります。

出馬表では「B」と表記され、競馬を予想するファンにも装着の有無を伝えています。それだけ、ブリンカーを付けることの意味は大きく、今まで装着していなかった競走馬が好走するケースも少なくないのです。

しかし、中には一体なぜブリンカーを装着するのか理解していない方も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では競走馬にブリンカーを装着して得られる、たった1つの効果を詳しくご紹介していきたいと思います。

競馬のブリンカーとは?

競馬 ブリンカー

競馬のブリンカーとは、視界の一部を遮断する道具で、カップのような形状になっているため前方のみが見えるようになります。

競走馬に合わせてカップの大きさや遮断する広さを変更することが可能で、中には片側だけ装着するケースもあります。

また、競走馬に装着する道具の中で、唯一届出が必要となり、競馬新聞などの出走表にも表記されます。そのため、もし届けを出しているにも関わらずレース当日にブリンカーを付けていない場合は、調教師にペナルティーが課せられます。

チークピーシーズとの違い

ヴィッセン ブリンカー

ブリンカーと同じような効果を持つのがチークピーシーズです。カップ状のブリンカーとは異なり、目の後ろ側にシャドーロールのようなロール状の物を装着し、後方の視界を遮っています。

チークピーシーズは、届出が必要ないので、レース当日に急遽装着しても問題ないですし、コンディションによっては装着しないという選択も柔軟にできます。

また、ブリンカーとは遮る視界の広さも異なるので、競走馬に合わせて選択している運営陣が多いですね。

ブリンカーを装着して得られる効果とは?

ブリンカーを装着することで得られる効果はたった1つ。視界の広さを調節することで余計な情報を与えず、レースに集中できるようになる事です。

人間の視野は約180度くらいだと言われていますが、馬はおよそ350度も視界があり、ほぼ全てを見渡すことができるのです。

そのため、レース中に周りに競走馬が何頭もいると気が散ってしまい、レースに集中できなくなってしまいます。非常に憶病な性格なので、視界に入る情報を人間が調節して上げることで本来の力を発揮することができます。

ブリンカーを装着することで、今までレースに集中できていなかった競走馬が、いきなり好走するパターンもあるので、初ブリンカーのレースは決して軽視せずに予想を行いましょう。

ブリンカーを装着するデメリット

ブリンカーを装着するすることでレースに集中できるようになる競走馬は多いですが、逆にレースに集中しすぎてジョッキーの指示通りに動かなくなる競走馬もいます。

騎手がゴーサインを出しても気付かずに、なかなかエンジンがかからずに凡走してしまうこともあるので、装着の有無は非常に慎重に行う必要があります。

また、ブリンカーを装着することで、今まで見ていた景色と変わってしまうため不安を抱き、恐怖を感じて力を出し切れないパターンもあります。

レースで急に装着することはなく、調教の時から使用することが当たり前ですが、レース本番と調教は異なるので完全に慣れさせるのは難しいのです。

装着し続けると効果はあまりない

ブリンカーは装着し続けてもあまり意味がないと言われています。最も効果を発揮する時は、ブリンカーを初めて装着した時か何レースぶりかに装着した時です。

運営陣も試行錯誤を繰り返してブリンカーを付けてみたり、外してみたりして馬の動きがどうなるのかを観察しています。

使う頻度やブリンカーを装着した時の結果をきちんとチェックし、ブリンカーがどれほどその競走馬に影響を与えているのかを把握し予想に反映させるようにしましょう。

ブリンカーへの過度な期待は禁物

ブリンカーが競走馬へ与える効果は非常に大きいと思いますが、ブリンカーを装着したからと言って好走するかと言われると「うーん」という感じもします。

もちろん、ブリンカーを装着したことで力を発揮できるようになり、レースに勝ったという競走馬も少なからず存在しますが、数はそこまで多くはありません。

実力がある競走馬は、ブリンカーを装着する前からしっかりと成績を残しており、ブリンカーを装着した後に覚醒するケースは稀でもあります。

データを見ても初ブリンカーの競走馬がレースに勝利した確率は4.5%程度です。一気に好走することに賭けるのも悪くないですが、過度な期待はしない方が良いかもしれませんね。

ブリンカーを装着している名馬をご紹介

ここからはブリンカーを装着している名馬についてご紹介していきたいと思います。優秀な成績を残している名馬でも、音や砂に敏感な競走馬が多く、ブリンカーを装着していることが少なくありません。

エタリオウ

エタリオウ ブリンカー

2020年7月現在、未だに現役で活躍しているエタリオウ。成績だけ見ると17戦1勝と決して良い結果ではないですが、2着になったレースが7戦あり、ギリギリ勝てないことが多くある競走馬ですね。

直近のレースでも好成績を残せていないですが、ステイゴールド産駒なので、これから覚醒してくれることにも期待です。

そんなエタリオウもブリンカーを装着しています。出遅れるレースも非常に多く、本来の力を発揮できていないのでは?と思うことが多い競走馬でもあります。

メンコも装着しているので、周りを気にしすぎる性格なのかもしれません。

クロフネ

クロフネ ブリンカー

次にご紹介するのはクロフネです。元々強い競走馬として注目されていたクロフネですが、前に行きたがる性格をしており、騎手の指示を無視してかかり気味になる事もありました。

初めてブリンカーを装着したのはNHKマイルカップ。武豊騎手との初コンビということもありましたが、圧倒的な力を見せつけての勝利でした。

残念ながら種牡馬の引退が決まったクロフネですが、その血は今後も日本競馬界に大きな影響を与え続けると思います。

ゴールドシップ

ゴールドシップ ブリンカー

最後にご紹介するのはゴールドシップです。気性が荒いことで有名で、他の競走馬とは一線を画すような馬でもありました。

スタート直後に起き上ったこともあれば、レースに全く集中せずに大敗することもあり、いわゆる問題児のような存在でした。

しかし、ゴールドシップを愛するファンは非常に多く、実力以上に人気があった馬でもありますね。

2番人気だったのに15着になったジャパンカップ。ダントツの1番人気にも関わらず15着に終わった宝塚記念…。好走する時とそうじゃない時の差が激しく、軸にして予想するには不安が残る競走馬でした。

まとめ

今回の記事では、競走馬にブリンカーを装着することの効果やデメリット、ブリンカーを付けていた名馬についてご紹介させていただきましたが、参考になりましたでしょうか?

メンコやチークピーシーズとは異なり、事前に申請する必要がある唯一の道具で、運営陣も装着の有無を慎重に判断しています。

また、装着させるだけではなく外すタイミングなども重要で、試行錯誤を繰り返しているのです。

ブリンカーを装着していた名馬も多く、効果を十二分に発揮しているケースも少なくありませんが、初めてブリンカーを付けたからと言って過度な期待をすることはNGです。

予想の参考にする時には、一つの要素として扱い、若干期待値を上げる程度にしておいたほうが良いと思います。是非、ブリンカーを装着の有無にも注目して競馬を楽しんで見て下さいね。