ダートは雨が降るとどうなる?悪い馬場状態で好走する馬を見抜くポイント

ダート 雨

競馬のレース結果を大きく左右する天候。

芝でもダートでも「今日は良馬場で絶好のコンディション」とか「雨で重馬場になっていますがレースにどのような影響を及ぼすか」などと言った実況は聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。

良馬場や重馬場などは良く聞くと思いますが、芝もダートも馬場状態を表す単位は4種類あります。

この記事では、ダートは雨が降るとどうなるのか?どのような馬が好走する傾向にあるのかを紹介していきます。芝ではなくダート競争に興味がある方、雨の日の買い目傾向を掴んでおきたいという方は必見です。

競馬場の馬場単位の紹介

ダート 雨
基本的には競馬はかなりの悪天候でも決行されるもの。

ドシャ降り、大雪、霧で見えにくい等、数々の悪天候の中で馬が走っている姿というのは競馬ファンであれば見た事がある方が多いでしょう。

競馬場には芝コースとダート(砂)コースがありますが、それぞれで馬場状態を表す単位が4種類あります。

  • 良(りょう)馬場
  • 稍重(ややおも)馬場
  • 重(おも)馬場
  • 不良(ふりょう)馬場

この4種類の単位が芝、ダート問わず使われているもの。どのような基準で単位が変わっていくのかと言うと、競馬主催者がレース前に馬場を実際に歩いてみて、コースの含水量を計測して4段階で発表しています。

見て分かる通り、上から順番に含水量が少ないという事になります。良馬場は水を含んでいない良い状態の芝やダート。反対に不良馬場は最も水を含んでいる状態であるという事になります。

ダートと芝の場合のそれぞれの特徴を以下で簡単に説明していきましょう。

良馬場

馬場状態で最も含水量が少ないのが良馬場です。

芝コースの場合は最もスピードが出やすい馬場状態である事を指しますので、実力通りの結果になる事が多く、良馬場の方が競馬予想もしやすいと言えます。これはダートコースでも同様の事が言えるでしょう。

しかし、スピードが出やすいという事はそれだけ脚に負担がかかるとも言えますので、海外によっては含水量が少なすぎる場合は、わざと水を撒いて含水量を高くする競馬場もあったりします。

稍重馬場

良馬場よりも水を含んでいる稍重馬場。

芝コースでは中途半端に水分がついている状態なので滑りやすいです。よって最後の踏ん張りが効き辛く、思った以上に最後の直線で伸びないというレース展開になる事が多い馬場状態であると言えます。

反対にダートコースの場合は稍重馬場が最も走りやすいと言われています。砂がやや湿っている状態になりますので、カラッカラの良馬場よりも踏ん張りが効き、走りやすくレース展開も早くなる傾向にあります。

重馬場

稍重馬場よりも更に水を含んでいる重馬場。

芝コースの場合は良馬場と比べると走破タイムがかなり遅くなります。最も荒れる展開になる可能性が高い馬場状態であると言えますので、予想が困難になるでしょう。

反対にダートコースの重馬場はレース展開が早くなる傾向にあります。荒れた馬場が得意な馬、反対に不得意な馬がはっきりと分かれてきますので、ダートで馬を選ぶ時は一つのポイントになっていくでしょう。

不良馬場

競馬場の中で最も含水量が高いのが不良馬場。

芝の場合は完全に水でぬれており、ダートコースの場合は水溜りが出来ている状態なのが不良馬場です。一般的には大雨の中でレースを行うと不良馬場になっていく傾向にあります。

重馬場同様にレースのタイムは限りなく遅くなる傾向にあり、反対にダートコースの場合は時計が早くなる傾向にあります。得意不得意がはっきりと分かれてきますので、人気がなくても不良馬場で過去に好走した経験がある馬はチェックしておきましょう。

雨が降ったダートで勝つ為のポイント

競馬 ダート
上記で紹介したように馬場状態には4つの単位があり、芝とダートではその捉え方が若干異なってくるというのが面白いポイントです。とは言え、雨の日は競馬が荒れやすい傾向にある事は間違いなく、それは芝だけでなくダートでも言える事です。

ここからは雨が降って荒れやすいダートレースで、勝つ馬を見抜く為のポイントを解説していきたいと思います。

先行馬が圧倒的に有利

雨が降った時のダートレースは圧倒的に先行馬が有利になる傾向にあります。

その理由は上でも説明した通り、ダートは雨が降り少し土が固まった位の方が走破タイムが早くなる傾向にあるというのが大きな理由になります。芝はタイムが遅くなり荒れる傾向にあるのですが、ダートの場合は雨が降って土が固まるとスピードが上がり、強い馬が順当に勝つレースが多くなっていくんですね。

他にも先行馬が有利な理由はあります。ダートコースで雨が降った馬場で後につけていると、前を走っている馬の砂が被ってしまう可能性が高くなります。そうすると馬は不足の事態に走る気力をなくすケースがあるんですね。

脚抜きが良くなるので早いペースでレースは進みます。ハイペースだと思っても意外とスタミナのロスがなくなるケースが多くなり、逃げや先行馬がそのままバテずにゴールするシーンが多くなっていきます。
という訳で雨が降っていて重馬場以上の馬場状態の時のダートレースは、先行を得意をする馬に注目して買い目を選択していくのが良いかと思います。

強い馬よりも得意な馬を選ぶ

芝でもダートでもそうだと思いますが、重賞レースなどの大きなレースを何勝もしている馬は勝つ可能性が高く、重賞レースを1勝もしていない馬に関しては勝つ可能性が低いと感じてしまうものですよね。

しかし、雨が降っている時のレースでは考えない方がいいでしょう。

なぜならば雨が降っているレースを得意としている馬、反対に雨が降っている重馬場のレースを不得意としている馬がいるからです。

人気や今までの実績よりも、過去に重馬場に出走した時にどのような走りを見せたことがあるのかに注目し、人気や実績、オッズだから馬を選出するのではなく、雨が降っているレースが得意かどうかで判断するようにするのが賢明です。

重馬場に強い血統

雨が降った後の重馬場に強い馬の血統というものがあります。これはデータにより判明している事で、重馬場に強い馬の血統は総じてパワーがある馬が多いです。

  • ワークフォース
  • メイショウサムソン
  • ハービンジャー
  • アドマイヤムーン
  • スペシャルウィーク
  • エンパイアメーカー

上記の馬は重馬場で力を発揮しやすい血統であると言われています。もちろん全ての馬は既に引退しており、残っているのはその血統のみになりますが、上記馬の血をひく馬が重馬場のレースに参戦する時は是非注目してみて下さい。

反対に重馬場が苦手で、良馬場でなければ思うような結果を残す事ができない血統というのもあります。

  • キングヘイロー
  • グラスワンダー
  • デュランダル
  • ヨハネスブルグ
  • キンシャサノキセキ

上記馬の血統は重馬場では総じて結果を残せていません。良馬場で自分でペースを作る事ができるレースであればいい結果を残せるものの、重馬場で思うような走りを見せる事ができない場合はいい結果を残せていないんです。

そういった重馬場に相性がいい血統、悪い血統というものが確かにありますので、そういった点にもしっかりと注目しながらレースを見てみると面白いはずです!

まとめ

雨が降った時のダートコースでいい走りをする馬の特徴や血統、購入する時のポイントについて解説してきましたが参考になりましたでしょうか?

芝もダートにもいえる事ですが、雨が降ると何が起こるか分からず、荒れる展開になる事が確かに多いもの。しかし、芝に比べるとダートは多少は雨が降った方が強い馬が勝ちやすくなる傾向にありますので、一概に雨がいけないとは断定できません。

不良馬場になれば話は変わってきますが、重馬場の場合はダートは強い馬が順当に勝つケースが多くなっていきます。その点は基本的な事なのでしっかりと覚えておきましょう。