競馬の税金はバレる!免除される金額を分かりやすく解説!

国が認める公営ギャンブルで最も多額のお金が動くのが競馬です。

重賞レースであれば、数百万から数千万の配当が記録されますし、WIN5であれば配当は数億円まで上ります。

競馬ユーザーなら誰もが夢見る万馬券ですが、実際に手に入れると気になるのが税金です。

結論から言うと競馬で得た利益は納税の対象となってしまいます。

しかし、年間で50万円以上の利益を出さなければ納税の対象には当たらず、確定申告の必要はありません。

この記事では、競馬で税金はなぜばれるのか、ウィンズや競馬場で直接購入したケースについても解説します。

  • 競馬の税金はなぜバレるのか
  • 4億円以上の高額配当の脱税がバレたケースも
  • 確定申告はどうやるの?
  • ウインズや競馬場で買えばバレないって本当?
  • 以上、気になるポイントについてまとめてみましたので「かなり稼いでいるかも?」「これからがっぽり稼ぐ予定」「あまり稼いでないけど知っておかないと不安」という人は是非参考にしてみてください。

    競馬の税金はなぜバレるのか

    競馬の払い戻し金には税金がかかる

    競馬の払い戻し金は、ある一定の条件を満たすと納税義務が発生します。(一定の条件=個人の所得として払い戻し金を計算し、年間の所得合計額がプラスになったという場合)

    そして、競馬の払い戻し金は税法上では「一時所得」として扱われます。

    そして、この「一時所得」は「給与」など他の所得と合わせて「総合課税方式」と呼ばれる計算方法で所得税が計算され、そして最終的な課税額が算出されることになるわけです。

    つまり、あなたが何らかの仕事をしていた場合、競馬の払い戻し金の収入の収支が一定を越えてプラスになった年度については確定申告を行わないといけないということになります。

    確定申告はどうすればいい?

    確定申告はどうすればいい?

    競馬の払い戻し金の計算方法についてこれからご説明していきたいと思います。

    競馬の払い戻し金の計算

    最初に払い戻し金の計算方法を説明していきます。

    簡単に説明すると、競馬の配当金にかかる税金の計算は以下のようになっています。

    (払い戻し金ー馬券購入代金ー50万円)÷2=課税対象額

    以上のような式に当てはめて計算します。(50万円は税法上の特別控除額)

    また、課税対象となるのは1つのレースだけではなく1〜12月までの年間を通して獲得したお金が対象となります。

    通常の確定申告と同じ期間とおぼえておけばいいですね。

    ハズレ馬券は経費対象外

    馬券購入代金を経費精算できる仕組みは下記となります。

  • 的中した馬券は、経費精算可能。
  • 外れた馬券は、経費申請不可能。
  • この点に関しては、競馬ファンから抗議が行われ続けており、中には裁判に発展しているケースもあります。

    (投資としてかなり高額なハズレ馬券購入代が経費として認められたこともありますが、娯楽として馬券を購入する場合はハズレ馬券は基本的に経費とは認められないようです)

    簡単な例を出してみると、4万円を投資して100万円の払戻金を得た場合…。

    (100万円(払戻金)ー4万円(馬券購入代)ー50万(税法上の特別控除額))÷2=23万円

    23万円が課税対象額となります。

    これは23万円の税金が取られるというわけではなく、23万円のうち、定められた何%かを税金として収めるということです。
    (%は収入によって異なります)

    競馬ファンには不利な税金制度

    払い戻し金の税金は競馬ファンにとって不利ハズレ馬券は経費対象にならないというところでもうお気づきかもしれませんが、競馬の税金はとてもつらいものがあります。

    なぜなら、いつも勝つとは限らないからです。

    年間で100万円分の払戻金を手にしていたとして、他のレースで150万円分負けていたとしましょう。

    この場合トータルではマイナス50万円になるわけです。

    しかし、それでも勝った分の100万円にはしっかり税金がかかってくるのです。

    負けて、更に税金も払わないといけない…今の日本の税金は競馬ファンにとても優しくないのです。

    しかし、負けて更に税金も徴収されたのでは競馬ファンとしてもやってられませんし、何より競馬離れが起こってしまいます。

    プラスマイナスゼロならまだしも、税金でもお金を取られたらたまったもんじゃありませんよね。

    実際のところ本当に税金を支払っているの?

    競馬の税金に関しては実際はかなりグレーゾーンです。

    飛び抜けて高額配当でもない場合、税務署からの通知が来ることはほぼないと言われています。

    過去に数千万を獲得した場合などは税務署から通知がきたという事例もありますが少額の場合はほぼ来ないようです。

    なぜなら、ガチガチに厳しく税金を徴収すれば競馬ファン離れが加速してしまいますし、そもそもそんな少額を取り締まるほど税務署は暇じゃないということです。

    ただし、高額配当を受け取っている人の場合は注意が必要です。

    税務署は国民の銀行口座をチェックしていますから、一気に大金が振り込まれたりしていることがたまたま税務署の目に止まってしまった場合、追徴課税の通知がくる場合も考えられます。

    税金に困るほど稼ぐなら競馬予想サイト

    税金対象の50万円を超える的中となると、かなり難しい予想を的中させるか、掛け金を多くする必要があります。

    しかし、掛け金を上げると外れたときのショックが大きいので、難しい予想を的中させる方が現実的ですよね。

    そこで、競馬予想のプロが所属している競馬予想サイトの利用をおすすめします。

    毎日数百万円を超える的中を繰り返し、利用者の懐を暖め続けています。

    また、優良な競馬予想サイトには税金専門のサポートデスクが備えてあり万全です!

    徹底リサーチが調査検証を行い稼げると判断したサイトは下記のランキングに掲載しています。

    ぜひ、競馬の税金が発生するくらいの大勝ちを収めましょう。

    歴代WIN5高額払い戻しランキングTOP5

    それではこれから、数ある馬券の中でももっとも払い戻し金が高いと言う夢の場券WIN5の歴代払い戻しランキングをご紹介させていただきたいと思います。

    ※2024年6月現在

    順位 歴代最高額配当 日付
    1位 5億5444万6060円 2021年03月14日
    2位 4億8178万3190円 2021年01月11日
    3位 4億7180万9030円 2019年2月24日
    4位 4億4605万7430円 2024年5月12日
    5位 4億3390万7040円 2020年2月2日

    なんと1位は5億5444万6060円!億単位という恐ろしい数字です。

    これをたった1人の人が的中させたようですが、残念ながら上でもご説明させていただいた通り、税金がかかるので5億5444万6060円全てが手に入るわけではありません。

    WIN5ではJRAの払い戻し金限度額が6億円と言われているため、まだまだこれから高額の払い戻しが出る場合もあるのだと思うとドキドキしますね。

    ただし、WIN5は窓口で馬券を購入することは出来ません、そのため、誰がどの馬券を買った結果、一体どのくらいの配当金を手に入れたかということをJRAが全て把握しています。

    ですので、もし確定申告を忘れた、しなかったということになれば高い確率で税務署から厳しい納税の督促がくることが考えられます。

    4億円の的中馬券の脱税がバレたケースも

    4億円の的中馬券の脱税がバレたケースも

    過去に、超高額配当の脱税がバレたケースがニュースで報じられています。

    脱税として所得税法違反の疑いで大阪国税局が告発したっというのが寝屋川市職員の男性(48)。

    この男性はなんと2012年と2014年の2回、WIN5で的中させ、4億3000万円の払い戻しを手にしていたそうです。

    2014年10月には当時の最高額である約2億3200万円の払い戻し金を貰っていたとのこと。

    このうち一時所得(課税対象額)とみなされたのは約1億6314万円。

    そのため約6200万円の所得税を脱税した疑いがあるといい、脱税分の約6200万円と過少申告加算税(約1000万円)を加えた約7200万円が追徴課税に。

    引用元:net keiba

    やはり額も大きいと税金の額もかなり大きくなるんですね。

    これだけ大きな額になるとほぼ確実にバレてしまうようなので、追徴課税というペナルティにならないようにきちんと申告するのがいいでしょう。

    ちなみにこの男性、馬券は競馬新聞の情報をもとにして購入していたということで一般の人と同じような、趣味の範囲と判断し一時所得での課税となったそうです。

    こんな人は税務署から通知が来る可能性あり

    かなりの高額配当でもない限り税務署から通常がくることはまずないと言われていますが、比較的目をつけられやすいと思われる人も存在しています。

    まずは「SNSやブログで公開したり、TVなどで当選したことを言ってしまった人」です。

    TVというのはなかなかないと思いますが、TwitterなどのSNSやブログから税務署の目にとまってしまうことも考えられます。

    もうひとつは「銀行口座に大きな金額額が振り込まれている場合」です。

    大体200万円以上の入金額がある場合、目をつけられてしまうこともあるという噂です。

    マイナンバーカードも導入され、今後はもっと税金について厳しくなっていく可能性も考えられます。

    必要な対策や確定申告はしっかり行うことをおすすめします。

    ウインズや競馬場で馬券を買えばバレないって本当?

    ウインズや競馬場で馬券を買えばバレないって本当?

    では、競馬で配当金を手にしたことがバレない方法はないのだろうかと誰もが思うはず。

    実は、バレない方法があります。

    それがウインズや競馬場で馬券を購入することです。

    高額配当が出ても身分証を提示する必要はないため、いくら高額配当を手にしてもバレることはないということです。

    しかし、WIN5などは窓口で馬券を購入することができないため、お金の動きについてはJRAが全て把握しています。

    WIN5で高額配当を得た場合は確定申告を怠らないよう、くれぐれも注意しましょう。

    おすすめの競馬予想サイト3選

    競馬に詳しくないけど、今すぐ競馬で勝ちたい。

    そんな方におすすめな「初心者でも安心して利用できる競馬予想サイト」を厳選して3サイトご紹介します!

    ランクインしたサイトは、どれも無料で毎日予想をGETできます!

    1位:うまれぼ

    うまれぼのサイトトップページ画像 うまれぼは、AI技術と馬券師を組み合わせたの競馬予想サイトです。 AIによる膨大なデータと馬券師の経験値を組み合わせて、どこよりも安定した的中率を誇ります。
    • AIと馬券師がタッグを組んだコラボサイト
    • AIによる予想のチェック体制を完備
    • 当たらなかったときの安心保障あり
    サイト名 うまれぼ
    平均的中率 94%
    無料情報レベル ★★★★★
    有料情報レベル ★★★★★
    今週的中金額 2,655,600円

    ↓的中率94%の予想を体感しよう↓

    無料予想を今すぐGET

    2位:トッカ

    トッカのサイトトップページ画像 トッカは、"会場特化型"の競馬予想サイトです。 "成果にこだわる"というポリシー通り、高い的中・回収率を誇ります。
    • 全ての競馬場に精査チームを配置!
    • 2024年回収率No.1競馬予想サイト
    • 予想料金が安く、少ない資金から稼ぐことが出来る
    サイト名 トッカ
    平均的中率 92%
    無料情報レベル ★★★★★
    有料情報レベル ★★★★☆
    今週的中金額 1,047,560円

    ↓的中・回収率最高評価↓

    無料予想を今すぐGET

    3位:万馬券RUSH

    万馬券RUSHのサイトトップページ画像 万馬券RUSHでは、業界を震撼させるほどの取り組みを行っています。

    その内容は【業界最多鞍数提供】【業界馬券代最安値】 この2点を実現し、他の競馬予想サイトを1歩リードしています。
    • 業界最多鞍数提供で幅広く予想が貰える
    • 業界馬券代最安値で最大級のコストパフォーマンスを実現
    • 的中率の高さと回収率の高さを両立
    サイト名 万馬券RUSH
    平均的中率 88%
    無料情報レベル ★★★★★
    有料情報レベル ★★★☆☆
    今週的中金額 1,033,920円

    ↓業界を震撼させた競馬予想はコチラ↓

    今日の無料予想を今すぐGET
    この記事の監修者
    後藤孝男
    後藤孝男(ごとう・たかお)
    大学卒業後、東京タイムズ社に入社。中央競馬担当記者となり全国の競馬場を初め美浦、栗東トレセンなどへ赴き、取材に、予想にと活躍。同紙休刊後は、実績を買われて競馬専門紙「馬三郎」に創刊メンバーとして参画、一昨年からは美浦トレセン北馬場時計班として毎週、サラブレッド達の調教に目を凝らす。
    TOPへ戻る
    優良競馬予想会社おすすめランキング