ジャパンダイレクトライン(JAPAN DIRECT LINE)の口コミ・評判と裏側は?実際に登録して検証

JAPAN DIRECT LINE

サイト名:ジャパンダイレクトライン(JAPAN DIRECT LINE)
URL:http://japandirectline.jp
運営業者:荻野トレーディング合同会社
電話番号:03-6703-0312
メール:info@japandirectline.jp
責任者:鈴木浩介
料金体系:1pt=100円
総合評価:☆☆☆☆ 1.00

優良、悪徳評価の検証にご協力ください。
  • 悪徳 (0)
  • 優良 (0)

「ジャパンダイレクトライン」の総合評価

無料情報

的中率

回収率

サポート

満足度


総合評価:★☆☆☆☆ 1.00
すでに閉鎖した投資系詐欺会社です。

ジャパンダイレクトラインの概要

競馬予想会社「ジャパンダイレクトライン」は現在閉鎖しています。

ジャパンダイレクトライン

ジャパンダイレクトは「2014年10月21日」にドメインを取得した投資系競馬予想会社です。

現在、投資系競馬予想会社があまり良い印象を持たれていないのはジャパンダイレクトのような競馬予想会社が「投資」を装い悪質な詐欺行為を行っていたからです。

ジャパンダイレクトの口コミを検証しますと「2016年5月末」あたりから、高額な情報料金を入金させた後、会員との連絡を遮断し「逃げた」ようです。

初めにジャパンダイレクトの被害者の方々の口コミを紹介します。

最近、ホームページが壊れています。閉鎖したんですか?情報料金の返還約束を受けている方で私みたいな方はいますか?
電話が通じなくなりました。6月23日時点でジャパンダイレクトの電話は現在使われていませんとなりました。同じ被害者の方はいらっしゃいますか?相当な金額を投資してしまいました。
電話も通じないし、メールも配信不能で返ってくる。
俺も数百万の金を持ってかれた。
やはり詐欺ですか…騙された自分が馬鹿なんですが・・・正月に電話がありまして今年こそは的中を届けると言われ信用したのが間違いでした。
私の財産返せ!!
担当と上司が一緒になって私を騙すとは思ってもいませんでした。
本木は詐欺師です!!
何処に相談すれば良いのでしょうか…

被害者の中には数百万の詐欺被害に遭った方もいました。

ジャパンダイレクトラインは同じく投資系競馬予想会社として悪評を馳せていた「クレスト」や「マイスター」の後釜会社だと噂されていました。

ジャパンダイレクトラインは嘘だらけ

ジャパンダイレクトラインのログイン前ページには「机上の空論ではなく、実践で実際に利益を出せる投資!」と記載されています。

ジャパンダイレクトライン 文言

その下には「同業他社からの乗り換え100%改善の実績!高価は折り紙付きです。」ともありますが、冒頭に紹介した被害者の口コミが真実を物語っています。

ジャパンダイレクトは吐き気がする程、悪質な嘘をついている詐欺業者でした。

さらにジャパンダイレクトのログイン前ページを検証していくと、いくつもの嘘が発覚しましたのでまとめます。

①週間ダイヤモンドや日経マネーに紹介されたのは嘘
②過去15年間月ベースで一切のマイナスは嘘
③ジャパンダイレクトラインの社員の紹介画像は嘘
④1999年3月個人事業主として創業後、2007年4月に合同会社設立は嘘
④的中実績は嘘

次項でそれぞれ紹介していきます。

週間ダイヤモンドや日経マネーに掲載されたのは嘘

ジャパンダイレクトラインのログイン前ページを読み進めていくと、週間ダイヤモンドや日経マネーに掲載されたと言いたげな紹介がありました。

ジャパンダイレクト 掲載

週間ダイヤモンドや日系マネーがこんな胡散臭い競馬予想会社を掲載するのでしょうか?

そもそもジャパンダイレクトラインは「高い評価と数々の栄誉をいただいております。」と言いながら、具体的に掲載された「発売号」も「発売日」も記載していません。

もっと細かく見ると「高い評価と数々の栄誉をいただいております。」という文言の「主語」がありません。

要は「高い評価と数々の栄誉をいただいております。」と週間ダイヤモンドと日経マネーの画像の間には解釈の断絶があります。

完全に会員を誤認させるための小細工で、会員に自社が有名経済誌に紹介されたと思わせたかったのでしょう。

過去15年間月ベースで一切のマイナスは嘘

また、ジャパンダイレクトラインは「過去15年間、月ベースで一切のマイナス無し!」と言っていますが、これも嘘。

過去15年間、月ベースで一切のマイナス無し

上の画像は2016年5月にスクショしたものです。

冒頭に軽く紹介しましたが、ジャパンダイレクトラインのドメイン取得日は「2014年10月21日」です。

2016年から14年前の2002年にジャパンダイレクトラインという競馬予想会社は存在しません。

後述しますが、そもそもジャパンダイレクトの運営業者「荻野トレーディング合同会社」が法人登録を行ったのは国税庁で調べたところ2015年10月5日です。

2002年にはジャパンダイレクトラインというサイトはおろか、運営業者の「荻野トレーディング合同会社」も存在していません。

よって、過去15年間月ベースで一切のマイナスは嘘です。

ジャパンダイレクトラインの社員の紹介画像は嘘

さらにジャパンダイレクトラインの嘘は続きます。

ジャパンダイレクトラインのログイン前ページをさらに見ていくと社員が紹介されていました。

ジャパンダイレクトライン 社員

福原健三郎という自称社員はジャパンダイレクトラインの投資企画開発部の責任者で勤続14年と紹介されています。

上述しましたが14年前にジャパンダイレクトラインも運営業者の「荻野トレーディング合同会社」も存在していません。

この時点で経歴が嘘が発覚しましたが、福原健三郎の写真を検索しますと「ビール製造組合」のホームページの「STOP!未成年者飲酒」という記事に登場している人物の1人でした。

ビール製造組合

ジャパンダイレクトは社員の画像でも嘘をついていました。

1999年3月個人事業主として創業後、2007年4月に合同会社設立は嘘

ジャパンダイレクトラインの「会社案内」では「1999年3月個人事業主として創業後、2007年4月に合同会社設立」と記載されています。

ジャパンダイレクトライン 会社案内

国税庁でジャパンダイレクトラインの運営業者「荻野トレーディング合同会社」の法人登録情報を検索しますと「2015年10月5日」に設立されていることが発覚しました。

荻野トレーディング合同会社 法人登録情報

ジャパンダイレクトラインは「2014年10月21日」にサイトのドメインを取得していることから、運営業者の「荻野トレーディング合同会社」は後から設立されたようですね。

的中実績は嘘

確認できるジャパンダイレクトラインの最も古い的中実績は「2014年1月25日1回中山9日10R」での44,300円の的中です。

2014年1月25日 的中実績

もう何度も述べているのでしつこいかもしれませんが、ジャパンダイレクトラインのドメイン取得日は「2014年10月21日」です。

サイトはドメインを取得した後でなければリリースできませんので、「2014年1月25日」の時点でウェブ上にジャパンダイレクトラインは存在しませんし、勿論、情報を提供された会員も存在しません。

ジャパンダイレクトラインは的中実績を捏造している悪徳競馬予想会社でした。

ジャパンダイレクトラインの関連グループ会社

ジャパンダイレクトラインのIPアドレス「157.7.171.134」を調べますと「タイム」・「オープン」・「ワイド」といったすでに閉鎖している競馬予想会社と同一でした。

しかもこれらの競馬予想会社はジャパンダイレクトライン同様に会員から集金を行うと突如サイト閉鎖した悪徳競馬予想会社です。

2018年現在、「157.7.171.134」と同一IPの競馬予想会社は確認できていません。

もしジャパンダイレクトラインの関連グループ情報をお持ちの方は口コミを投稿して頂けると助かります。

ジャパンダイレクトラインの有料プラン

・チャレンジステージ
 提供内容:3連単8点以内2レースと3連複5点以内1レース
 消費ポイント:初回限定で78ポイント

・ネクストステージ
 詳細:不明

・ステップアップステージ
 詳細:不明

・ダブルステージ
 詳細:不明

・ハイクオリティステージ
 詳細:不明

ジャパンダイレクトは会員ランクを設け、登録直後ではチャレンジステージしか選択できません。

チャレンジステージは開催日によって情報量kンが変動します。

また提供レース数は3レースで、提供内容は「3連単8点以内2レース」と「3連複5点以内1レース」です。

消費ポイントは初回限定で78ポイント(1ポイント=100円)で初回以降は128ポイントの消費となります。

ジャパンダイレクトラインの評価

ジャパンダイレクトラインは高額な情報料金を会員に入金させた後、姿を消した犯罪集団です。

会員の中には数百万も騙し取られた方もいるようです。

ログイン前ページを検証しますと的中実績から運営歴、社員の画像まで偽物でした。

ジャパンダイレクトラインは非常に悪質な競馬予想会社です。

同一IPの競馬予想会社は現在全て閉鎖していますが、IPと運営業者を変えどこかで詐欺を行っている可能性があります。

もし情報をお持ちの方は下の投稿欄から口コミを投稿して頂ければ幸いです。

2018年上半期、無料予想を1番的中させているはココだ!!

2018年も競馬も下半期に入りましたね。

今年が始まったと思ったらあっという間に2018年も折り返しです。

2018年の後半になっても競馬予想会社の数は増加の一途をたどり、競馬予想会社の中で悪徳競馬予想会社の母数ばっかり増えています。

中にはハリボテAI(人工知能)を目玉にし、世の流れに乗った悪徳競馬予想会社もできました。

今後も何かが話題になるとそれに便乗する競馬予想サイトが増えるんでしょうね。時代の流れに敏感なのが悪徳競馬予想会社というものです。

皆様の中にも話題の競馬予想会社を利用したものの中々成功しない方がいらっしゃると思います。

そこで今回は2018年上半期で最も無料予想の成績が良かった競馬予想サイトを紹介します。

すごい競馬

管理人がいくつかの競馬予想会社の無料予想を検証した結果、最も成績の良かった競馬予想会社は「すごい競馬」です。

すごい競馬は週末に5鞍の無料予想を提供していますが、平均して4鞍は的中している結果が出ました。2や3週間連続パーフェクト的中も稀ではありません。

当リサーチにも的中報告が多数寄せられています。評判と精度だけを取り上げるのなら競馬予想会社界トップの実力です。

以上、2018年上半期で最も無料予想の成績が良かった競馬予想会社を紹介させていただきました。

2018年も競馬も折り返し地点です。

2018年の前半で遅れを取ってしまった方でも、今からラッシュをかければ十分に時間とお金を取り戻すことができます。

2018年をより良い年で終わらせるためにも当紹介がお役に立てれば幸いです。

すごい競馬を見に行く

もっと詳細を知りたいかたは「検証ページ」をご覧ください。

ジャパンダイレクトラインの口コミ

名前
評価
コメントを書く
ページ
チャレンジステージです現在。ネクストステージには20回以上でないと参加できませんが、ネクストステージの方は稼げていますか?
- 匿名
安心できそうなサイトですけど、実際どうですかね?
- 匿名
ページ
超・優良競馬予想会社ランキングはこちら
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼