競馬の母の父はなぜ重要?母の父を使った血統予想で回収率100%超え!

母の父とは

競馬予想で大事なのが血統。
血統を使って精度の高い予想をしている専門家は数多くあります。

競馬初心者にとっては難しいと感じるかもしれませんが、血統への理解を深めることが競馬で勝つためには必要不可欠です。

出馬表などで、出走馬の「母の父」が記載されているのを見かけたことはありますか?

「父」が記載されているのは当たり前ですよね。
しかし、「母の父」が記載されていることに対して、違和感を覚える人も多いかもしれません。

「母の父」はそのままの意味で、母馬のお父さんのことです。

「母馬のお父さんがレースに関係あるの?」
そんな疑問を持ってしまう人も多いのではないでしょうか。

競馬予想においては「父」だけでなく、「母の父」も重要です。
「母の父」を競馬予想に組み込むことができれば、馬券が当たるようになるかもしれません。

今回の記事では、血統予想の中でも「母の父」に着目し、回収率100%超えを狙う予想方法を紹介します。


あしたの万馬券

競馬予想で母の父はなぜ重要?

競馬 調教

そもそも、競馬予想においてなぜ「母の父」が重要なのでしょうか。
「父」ではなく、「母の父」が重要な理由は気になりますよね。

確かに「父」は競馬予想において重要で、「父」の産駒傾向により得意な条件が見えてくることがあります。

例えば、「父」の産駒にダートで活躍する馬が多かったとします。
そうなると、その仔馬は同じくダートを得意とする可能性が高いです。

ただし、同じ「父」でも、全く別のタイプの馬もいます。

「父」の産駒傾向としてダート馬が多いのに、ダートが苦手だということもあります。

「父」の産駒傾向だけで得意条件がわかるなら、血統予想も簡単ですよね。
こういった「父」の産駒傾向と違うタイプの馬は、「母の父」の影響を大きく受けています

血が濃いのは「父」ですが、隔世遺伝で「母の父」の特徴が伝わるというケースもあるのです。
そのため、血統予想をするときには、「父」だけでなく「母の父」もチェックしておかなければいけません。

「なぜ父馬の産駒傾向と違うタイプなのだろう」
そう疑問に思ったときは、「母の父」の産駒傾向も調べてみてくださいね。

なぜ母の父の影響が大きいのか

競走馬は、「父」ではなく「母の父」の影響を大きく受けることがあります。
なぜ「母の父」の影響を受けるのか、気になっている人も多いのではないでしょうか。

競走馬にとって「母の父」の影響が大きいのは、母の特徴が伝わることが多いからです。
母馬の特徴は、母馬の父馬、つまり「母の父」から受け継いでいる可能性が高いです。

例えば、「父」がダート適性の高い馬であったとしても、「母」が芝馬であればその仔馬は芝レースでも活躍できると考えられます。

また、生産者は繁殖牝馬にどの「父」を選べばよいかを考えて、配合を繰り返しています。

仮にスピードが足りない繁殖牝馬がいれば、スピードを補うためにスピードのある「父」を種付相手に選ぶことが多いです。

繁殖牝馬にスピードがないのは、その繁殖牝馬の「父」が長距離馬だったことが理由として考えられます。

つまり、「母の父」の影響を強く受けているので、「父」でその能力を補うように配合されているのです。
競走馬には、「父」だけでなく、「母」の特徴も色濃く出ます。

なぜ「母の父」の影響が大きいのか疑問に思っていたかもしれませんが、それは「母」の遺伝子も競走馬の能力を左右しているからです。


あしたの万馬券

母の父はここを見る!母の父を使った3つの血統予想

「母の父」が競馬予想において大事だと思っても、実際にどのように活用すればいいかわかりませんよね。
ついつい「父」ばかりを見て、血統予想をしているという人も多いかと思います。

そこで、「母の父」を使って、馬券の的中率を上げる3つの予想方法について紹介します。
「母の父」を活用した血統予想で、回収率100%超えを目指してくださいね。

BMSリーディングをチェック

競馬 BMSリーティング

競馬予想をするときに、種牡馬の産駒成績を調べる人は多いかと思います。
種牡馬の成績は、リーディングサイアーランキングで確認することができます。

リーディングサイアーランキングで上位の種牡馬は、産駒が好成績を残しているというのが一目瞭然です。

皆さんは、「母の父」にもランキングがあるのをご存知でしょうか。

「母の父」のランキングをBMS(ブルードメアサイアー)リーディングランキングと言います。
BMSリーディングは、「netkeiba.com」などで確認することが可能です。

血統で面白いのは、「父」としての成績は良くなかったのに「母の父」として好成績を残すことがあるという点です。

「父」のときは軽視していたのに、「母の父」になると無視できないなんてこともあります。

そのため、リーディングサイアーランキングでの印象をそのまま「母の父」でもイメージすると、そのギャップに戸惑ってしまいます。
「父」とは「母の父」では、競走馬の与える影響も変わるので注意が必要です。

血統予想をするときにはリーディングサイアーランキングだけでなく、BMSリーディングもチェックするようにしてください。

相性の良い「組み合わせ」を知る

血統予想で基本となるのが、系統による「組み合わせ」です。
競走馬は古くからより速い馬を産み出すために、「活躍した名馬」の血が交配されてきました。

どの馬を祖先に持つかが「系統」として表現され、サンデーサイレンス系、ノーザンダンサー系、ミスタープロスペクター系など代表的です。

馬の配合には血の相性というものがあり、「系統」による組み合わせで相性の良し悪しが決まってきます。

例えば、サンデーサイレンス系とノーザンダンサー系の相性が良いことは有名です。
ノーザンダンサー系はスタミナ面に優れています。

そこに、スピード面で優れているサンデーサイレンス系を掛け合わせることによって、スピードとスタミナの両方を兼ね備えた馬を生産することが可能です。

血統予想では、「父」の系統と「母の父」の系統の相性を読み取ることも重要です。

相性については、過去に同じ系統の組み合わせで活躍している馬を調べることでわかります。
同じ系統で活躍馬が多数輩出されていれば、相性の良い組み合わせとしてメモしておきましょう。

「母の父」としての産駒傾向を確認

血統予想において、「母の父」としての産駒傾向は重要な予想ファクターの一つです。
「父」の産駒傾向は調べても、「母の父」の産駒傾向を調べることは少ないかもしれません。

しかし、「父」だけでは産駒の特徴を読み取るには不十分なので、「母の父」の産駒傾向も調べる必要があります。

「父」としてはダート馬を多く輩出していたのに、「母の父」になると芝馬が多いなんてことも珍しくありません。
「母の父」になったときに、どのように能力を遺伝するのか把握しておくことが大切です。

もちろん「父」との相性などによっても変わってきますが、「母の父」の産駒傾向も考慮した上で出走馬の得意条件を見出すようにしてください。


あしたの万馬券

まとめ

出馬表には必ず、「母の父」が表記されています。
なぜ「母の父」が書いてあるのか、疑問に思っていた方も多いのではないでしょうか。

「母の父」が表記されているのは、それだけ競走馬の能力に影響を与えているからです。

「父」と「母の父」との相性もあり、活躍する系統の組み合わせというのも存在します。

どの組み合わせがどういった成績を残しているかも傾向として現れることがあるので、「父」と「母の父」の組み合わせもチェックしておかなければいけません。

また、BMS(ブルードメアサイアー)リーディングランキングを見れば、「母の父」としてどのような成績を残しているかがわかります。
BMSリーディングなども活用しながら、精度の高い血統予想ができるように意識してくださいね。

TOPへ戻る