吉馬(きちうま)の中央競馬予想、回収率は34%!今みるべき代替サイト

吉馬 中央
的中率
★★★★☆
回収率
★★★★☆
満足度
★★★☆☆
サポート
★★★★★
無料情報
★★★★★
総合評価:4.1★★★★☆
口コミ数:14件
4以上評価:10件
中央競馬の全出馬表とスピード指数を無料で提供しているインターネット競馬新聞です。

吉馬(中央競馬版)を見に行く

1:【悲報】吉馬(中央競馬)の予想で-5080円の負け

吉馬(中央競馬)の予想で-5080円の負け

吉馬とはスピード指数と指数に基づいた5つの紙面で構成されている無料競馬予想新聞です。

正式な読み方は「よしうま」ではなく「きちうま」。

「よしうまの記事じゃないの?」と思いの方も当記事であっていますので、ご安心ください。

無料競馬新聞としては色んな方向から最大過去5走りのスピード指数を掲載しており専門誌に引けを取らない超優良なWEB競馬予想新聞です。

ただ、、、

吉馬に掲載されている中央競馬予想の精度はイマイチ。

なぜなら2021年12月12日に開催された中山競馬場全11レースの馬連予想を試した結果、5080円のマイナス収支になったからです。

【中央競馬】
全11レース結果
的中数
(6レース中)
的中率 収支
3レース 27.2% -5080円
【地方競馬】
全12レース結果
的中数
(12レース中)
的中率 収支
7レース 58.3% -5700円

「週末に稼げる競馬予想を探している!」という方はプロの予想によって3連単がよく当たる

「競馬予想会社」がダントツでおすすめです!

なぜなら、小点数3連単予想で十万馬券・百万馬券を毎週末当てているからです!

信頼できる競馬予想会社はこちらをご参考ください。

2:吉馬の予想の回収率は34%!中央競馬11レースで検証

吉馬の中央競馬馬連予想を11レース検証しましたので、結果を掲載します。

レース 馬券代 払戻
1R 2歳未勝利 ¥600 ¥500
2R 2歳未勝利 ¥600 ハズレ
3R 2歳未勝利 ¥600 ハズレ
4R 障害3歳上未勝利 ¥300 ハズレ
6R 2歳未勝利 ¥500 ハズレ
7R 2歳1勝クラス(500万円以下) ¥500 ¥870
8R 3歳上1勝クラス(500万円以下) ¥600 ハズレ
9R チバテレ杯 ¥1,000 ハズレ
10R 常総ステークス ¥1,000 ハズレ
11R 第14回カペラステークス(GIII) ¥1,000 ¥1,250
12R 3歳上2勝クラス(1000万円以下) ¥1,000 ハズレ

収支は-5,080円。。。。

同レースを3連単で検証しても残念ながら的中は0でした。

【中央競馬】
全11レース結果
的中数
(6レース中)
的中率 収支
3レース 27.2% -5080円

2-1:吉馬の予想は地方競馬のほうが的中率が高い

では吉馬の地方競馬予想はどうなのでしょうか?

同じく馬連全12レースを検証してみましたので結果を掲載します。

レース 馬券代 払戻
1R 2歳6組 ¥400 ¥250
2R 公益社団法人 日本軽種馬協会会長賞2歳牝馬 ¥600 ¥270
3R C7組 ¥900 ハズレ
4R C6組 ¥900 ハズレ
5R C5組 ¥900 ¥1,160
6R C4組 ¥900 ¥170
7R C3組 ¥900 ハズレ
8R C2組(選抜) ¥1,000 ハズレ
9R B8組 ¥900 ¥520
10R B7組 ¥900 ¥1,200
11R シンビジウム特別A2 ¥500 ハズレ
12R 蔵王山特別C1 ¥1,000 ¥530

12レース中7レース的中と中央競馬より的中率が高いものの

収支は地方競馬のほうが負け額が多いのが意外ですね。

【地方競馬】
全12レース結果
的中数
(12レース中)
的中率 収支
7レース 58.3% -5700円

地方競馬の特性上指示どおり決着がつくことが多いので、馬券代に対して回収面で劣ったのかもしれません。

検証した結果、吉馬の予想は中央競馬より地方競馬のほうが高いので、

買い目点数を減らして参考にすると良いでしょう。

3:吉馬【中央競馬】の見方はこの5つで完璧!

吉馬【中央競馬】の見方はこの5つで完璧です!

  • 見方①:初心者はこの1面でOK【ファクター推奨分析】
  • 見方②:過去5走の戦績がわかる【出馬表】
  • 見方③:過去5走のスピード指数で攻略【スピード指数履歴】
  • 見方④:過去5走のスピードをランクで評価【スピード指数ランク】

次項で各詳細をご紹介します。

見方①:初心者はこの1面でOK【ファクター推奨分析】

吉馬のファクター推奨分析

ファクター分析推奨は以下の数値を総合的に分析して算出した「スピード能力値」が掲載されているページです。

  • 先行力
  • スピード信頼
  • スピード調整
  • スピード最大
  • 末脚力

が数値で掲載され、これらの数値を総合的に分析算出したのが「スピード能力値」となります。

ファクター推奨分析にはスピード指数を基にした馬連と3連単の買い目が掲載されていますので、

極端な話指数の見方がわからなくても予想の参考にできます。

ただ、検証した通り中央競馬・地方競馬共に馬券代に対して利益が下回りましたので、点数を減らしたほうが良いでしょう。

軸馬選びに困ったらスピード能力値から選ぶ

スピード能力値は最大過去5走のスピード指数を基に上がり指数や量、算出パターン等を分析し算出した各馬の能力値です。

スピード能力値は◎〇▲△で表示され、「◎」がもっとも能力の高い馬となります。

軸馬選びに困ったら◎印の馬を選ぶと良いでしょう。

先行馬は先行力の数値が良い馬を選ぶ

先行力は各馬の先行能力を先行指数から算出した指数です。

先行馬をお探しの方は先行力の数値が高い馬を選びましょう。

スピード最大から穴馬を選ぶ

スピード最大は各馬の過去5走のスピード指数のうち最大指数が掲載されています。

数値が高い程、過去に好走したことになり、直近の成績が悪くても激走する可能性がありますので穴馬として押さえると良いでしょう。

スピード信頼数値の高い馬は安定した走りをする可能性大

スピード信頼数値は前走スピード指数を今レースの斤量で調整した数値です。

前走が安定している馬は今レースでも安定した走りを見せる可能性が高いでしょう。

差し・追い込み馬は末脚力の数値が高い馬から選ぶ

末脚力は上がり指数から算出された数値で、ゴール直前の距離が長いような後半勝負のレースの場合、差し・追い込み馬を末脚力の数値が高い馬から選ぶと良いでしょう。

見方②:過去5走の戦績がわかる【出馬表】

吉馬の出馬表

出馬表には各出走馬の馬番や枠順といった馬券を投票にする際に必ず必要な情報はもちろん、性齢や騎手名、父馬、母馬、母の父馬、所属厩舎、過去5走の戦績が記載されています。

競馬はブラッドスポーツと言われるくらい血統が重要視されていますので、父馬と母馬は必ずチェックしましょう。

また過去5走の戦績もチェックすると良いでしょう。

直近のレースで勝ちが無い馬は危険です。

上から左にで「開催競馬場と日付」・「着順」・「レース名と条件」・「距離・回り・タイム・馬場の状態」・「斤量・騎手名・人気」・「頭数・枠順・馬体重」・「コーナーの通過順位」・「1着馬の馬名」が記載されています。

もし、戦績の馬が1着だった場合、2着馬が記載されます。

コーナーの通過順位は1、2、3、4コーナーの順で記載されています。

コーナーの通過順はその馬がどのような走りをしていたか客観的な情報ですので、要チェックですね。

見方③:過去5走のスピード指数で攻略【スピード指数履歴】

吉馬のスピード指数履歴

スピード指数履歴には最大過去5走分をベースに算出した各出走馬のが掲載されています。

  • 「スピード調整」
  • 「スピード平均」
  • 「スピード最大」
  • 「先行指数・上がり指数」
  • 「ベストランク指数」

スピード指数履歴の右半分のグレーの部分は過去5走のスピード指数や指数の上下幅、平均スピード指数、最大指数が掲載されています。

簡単に言うと吉馬(中央競馬版)の指数戦績ですね。

各指数表はの1行目には「競馬場名と距離」、2行目の左半分は「スピード指数」、右半分は上から「先行指数」と「上がり指数」が記載されています。

スピード調整で前走とのスピード指数の差をチェックしよう

「スピード調整」は前走のスピード指数と今レースの斤量で調整したスピード指数です。

前走のスピード指数が良くても、今レースでの斤量が重ければスピード指数は調整されますので必ずチェックしましょう。

スピード平均指数が高い馬は今レースでも安定した走りをする可能性がある

また「スピード平均」は過去5走のスピード指数の平均数値で、平均指数が高い馬は安定した走りをしていることになります。

崩れない軸馬を探す際にはスピード平均指数を参考にすると良いでしょう。

スピード最大指数が高い馬を穴馬にする

一方で「スピード最大指数」は過去5走で最も数値の良いスピード指数のことを意味します。

平均スピード指数が悪くても最大指数が高い馬は激走するポテンシャルを秘めていますので穴馬としてヒモに絡めてみると良いかもしれませんね。

逃げ馬は先行指数が高い馬から差し・追い込みは上がり指数の高い馬から選ぶ

「先行指数・上がり指数」は過去5走の分の前半後半のレース内容が指数化されたものです。

指数は斤量55キロをベースに算出され、先行指数と上がり指数が高い程、スピード指数が高くなります。

「先行指数」+「上がり指数」=スピード指数ということですね。

またスピード指数を分解したものが上記の2つの指数となりますので、逃げ馬は先行指数、差しや追い込みは上がり指数の高い馬を選ぶと良いでしょう。

直近のレースでベストランク指数をマークしている馬は要注目

「ベストランク指数」は過去5走で上位7番目までの指数がオレンジ色に色付けされたものです。

1や2レース前でベストランク指数を出している馬は期待できそうです。

見方④:過去5走のスピードをランクで評価【スピード指数ランク】

吉馬のスピード指数ランク

スピード指数ランクは過去5走のスピード指数を「前走ランク」と2から5走前の「過去走ランク」でランク付けし各出走馬を評価したもので、

今レースの斤量で調整されたスピード指数を基に算出されています。

スピード指数ランクには以下の情報が掲載されていますので各攻略法を紹介します。

  • 「前走ランク」
  • 「過去走ランク」
  • 「前走スピード指数」
  • 「過去走スピード調整」
  • 「スピードランクで攻めるボックス作戦」
  • 「過去走のスピード指数ランクのレンジ」
軸馬は前走ランクAから探す

前走ランクは前走のスピード指数を今回のレースの斤量で調整したものをランク付けしたものです。

連対率が年間4割の馬は「A」、3割の馬は「B」、2割から1割の馬は「C・D」でランク付けられています。

前走を基に軸馬を選ぶ際には前走ランクがAの馬から選ぶと良いでしょう。

鉄板軸馬は過去走ランクと前走ランクの高い馬を選ぶ

過去走ランクとは各出走馬の2から5走前のスピード指数を今レースの斤量で調整し数値が高い順に並び変え、さらに上位指数からABCDのランクに分けた後にさらに2から5走前のスピード指数からランク付けをし直したものです。

要は前走ランクより過去走ランクの方が各馬を深堀したランクとなります。

過去走ランクはWXYZの順でランクが高くなります。

前走ランクAと過去走ランクZの馬がいれば鉄板軸馬なので押さえましょう。

前走スピード指数の高い馬は今レースでも好走する可能性大

前走スピード指数は前走のスピード指数を今レースの斤量で調整したスピード指数です。

直近の成績を重視するのなら前走スピード指数の高い馬を選ぶと良いでしょう。

より安定した軸馬は過去走スピード指数の高い馬から選ぶ

過去走スピードは過去2走から5走までのスピード指数を今レースの斤量で調整したものです。

前走スピード指数より安定した軸馬を選ぶ際には前走スピードより過去走スピードから選ぶと良いでしょう。

見方⑤:【注意】吉馬が見れない時は推奨環境をチェック

吉馬(中央競馬版)が見られないといった方は推奨環境をチェックしてください。

OS:
Microsoft Windows7 SP2 以降
ブラウザ:
Internet Explorer 7.0以上 FireFox10.0以上 Opera9.0以上 Google chrome9.0以上 Safari5.0以上
ブラウザオプション:
JavaScript、CSSの有効

もしパソコンを使われていてOSがWindowsXPなど7以前の場合、見ることができません。

また、Google chrome9.0以上 Safari5.0以上ならスマホからも吉馬(中央競馬版)を見ることができます。

ガラケーの方で見れない方は当記事で紹介した推奨環境をご確認ください。

4:吉馬(きちうま)の中央競馬予想のメリット・デメリットを検証

吉馬を実際に使ってみたメリット・デメリットをご紹介します。

  • メリット①:スピード指数初心者でも参考にできる
  • メリット②スマホですぐに情報をキャッチ
  • デメリット①:もっと詳しく見るには基礎知識が必要
  • デメリット②:広告が邪魔くさい

次項で各メリット・デメリットをご紹介します。

メリット①:スピード指数初心者でも参考にできる

スピード指数を色んな方向からしかも詳細に分析できることが特徴の「吉馬」ですが

「ファクター推奨分析」は各ファクターの総合能力値なので

「詳しい指数がわからない!」という方はこのページで各出走馬のシンプルな能力がわかります。

メリット②スマホですぐに情報をキャッチ

吉馬は枠順の確定次第で出馬表が掲載されます。

吉馬はスマホでも見れますので、競馬場でも自宅からも手軽に直前の情報をチェックできるのがメリットです。

デメリット①:もっと詳しく見るには基礎知識が必要

吉馬は良い意味でスピード指数がかなり詳細に書かれています。

吉馬が掲載している指数を100%活用するには競馬の基礎知識が最低限必要です。

各紙面の見方は当記事でご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

もしもっと手軽に競馬予想を当てたいなら競馬予想会社の利用がおすすめです。

デメリット②:広告が邪魔くさい

「広告が邪魔くさい。。。」

これは少し大きいデメリットですが、、、

吉馬はボランティアで運営しているわけではないので、致し方ないことかもしれません。

ただ、吉馬が掲載している広告の中には得体のしれない競馬予想会社を紹介している可能性もありますので注意しましょう。

吉馬(中央競馬版)の基本情報

サイト名吉馬(中央競馬版)
URLhttp://www.kichiuma.net/
運営会社記載なし
電話番号記載なし
メール記載なし
責任者記載なし
料金体系無料

【総評】吉馬(きちうま)はスピード指数を参考にするなら1番の無料競馬新聞

以上、吉馬「中央競馬」の予想や見方をご紹介しました。

最後にもう一度検証結果をまとめます。

【中央競馬】
全11レース結果
的中数
(6レース中)
的中率 収支
3レース 27.2% -5080円
【地方競馬】
全12レース結果
的中数
(12レース中)
的中率 収支
7レース 58.3% -5700円

吉馬の競馬予想を検証した結果中央競馬も地方競馬もマイナス収支でした。

しかし無料競馬新聞としては専門誌に引けを取らない超優良なWEB競馬予想新聞です。

スピード指数が無料でわかりやすい競馬新聞をお探しなら吉馬が一番です。

本物の競馬予想サイトランキングはこちら

この記事の監修者
後藤孝男
後藤孝男(ごとう・たかお)
大学卒業後、東京タイムズ社に入社。中央競馬担当記者となり全国の競馬場を初め美浦、栗東トレセンなどへ赴き、取材に、予想にと活躍。同紙休刊後は、実績を買われて競馬専門紙「馬三郎」に創刊メンバーとして参画、一昨年からは美浦トレセン北馬場時計班として毎週、サラブレッド達の調教に目を凝らす。
TOPへ戻る
優良競馬予想会社おすすめランキング